囲碁

AIは囲碁や将棋の必勝法等にどのような影響を与えていくのか:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年06月23日
ニッセイ基礎研究所

AIがいくら高度に発展し、ゲームの必勝法を解明したとしても、人間は、ゲームの奥深さの魅力を感じつつ、ゲームを楽しむことができるということだろう。

AlphaGo、世界ランク1位のプロ棋士に連勝 「心臓の音が聞こえるほど舞い上がった」

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年05月26日
TechCrunch Japan

囲碁に関しては、AIの実力が人類を上回るようなのだ。

囲碁をやるべき2つの理由。

小幡和輝 | 投稿日 2017年05月22日
小幡和輝

経営者は囲碁を打つべきだ!という話はたくさんの記事があるので、ここではちょっと違う視点から。

囲碁から学ぶ

細野豪志 | 投稿日 2017年02月19日
細野豪志

打ち慣れてくると、囲碁に政治の要素が数多く含まれてくることが分かる。局地戦で勝っても、大局で後れを取ると大敗することがある。

囲碁プロ棋士が日本製AIに初めて負ける「人間が気がつかない手を打つ」

The Huffington Post | Ryan Takeshita | 投稿日 2016年11月20日

チェスや将棋に比べても、手順が複雑な囲碁は「人間の最後の砦」だ…。

コンピューターが人間を上回る将来:人工知能によってもたらされる多面的な危険性

Olivier Dumon | 投稿日 2016年06月30日
Olivier Dumon

悲観主義者はいわゆる「人工生命体」が勝利を収めるのは避けられないと考えます。一方、楽観主義者は、全く異なる結論に辿り着きました。

井山裕太名人、前人未到の囲碁七冠独占 茂木健一郎氏「脳の新しい可能性を示した」

朝日新聞デジタル | 伊藤衆生 | 投稿日 2016年04月20日

井山名人は、史上初の六冠となった2013年3月から七冠に挑んできた。

【AlphaGo】囲碁のトップ棋士にGoogleのAIはなぜ勝てたのか?

TechCrunch Japan | 投稿日 2016年03月16日
TechCrunch Japan

Googleが囲碁の世界チャンピオンでもあったイ・セドルに挑んだ五番勝負が終わりを迎えた。結果はGoogle側からみて4勝1敗となった。

【AlphaGO】人工知能に囲碁の世界トップ棋士が初勝利 3連敗から一矢報いる

朝日新聞デジタル | ソウル=東岡徹 | 投稿日 2016年03月13日

韓国の李セドル九段とアルファ碁の第4局が13日、ソウル市内のホテルで行われ、李九段が180手までで白番中押し勝ちし、初勝利を収めた。

アルファ碁、従来の人工知能と何が違う?【囲碁】

朝日新聞デジタル | 山崎啓介 福田直之 | 投稿日 2016年03月12日

囲碁の「勝利は当分先」と言われたAIは、急速に実力をつけた。その特徴は…

グーグルの人工知能「アルファ碁」、韓国イ・セドル九段に3連勝 無傷で勝ち越し

The Huffington Post | Huffpost Newsroom | 投稿日 2016年03月12日

対局は13、15日まで全5局あるが、2局を残して「アルファ碁」が無敗で勝ち越しを決めた。

GoogleのDeepMindがAIの大きな画期を記す: 囲碁の世界チャンピオンLee Sedolに第一戦で勝利

TechCrunch Japan | 投稿日 2016年03月09日
TechCrunch Japan

GoogleがオーナーであるロンドンのDeepMindの囲碁ソフトが、世界王者のLee Sedolに勝ち、人工知能(AI)の開発史に新たな画期が刻まれた。

人間の棋士に勝った囲碁AI「アルファ碁」 いったい何がすごかったのか

サイエンスポータル | 投稿日 2017年01月31日
サイエンスポータル

囲碁は盤面が広く、対局展開パターンも10の360乗通り以上。最先端のAI技術を駆使してもプロ棋士に勝つことは容易ではない、とされていた。

機械対人間の競争~進歩が生む問題への対応も必要に:エコノミストの眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年01月28日
ニッセイ基礎研究所

囲碁ソフトが欧州のプロ棋士と対戦して5戦5勝したと報じられている。

囲碁、小中学校の授業で増加 なぜ?

朝日新聞デジタル | 渡辺純子、山下知子 | 投稿日 2016年01月10日

囲碁を授業に採り入れる小中学校が増えている。九州大も囲碁講座を始めた。囲碁人口の裾野を広げたい日本棋院も協力し、教育現場での普及に力を注ぐ。

アジア大会の競技「囲碁」はスポーツなのか

為末大×AERA 白熱ウェブ | 投稿日 2014年11月01日
為末大×AERA 白熱ウェブ

半年前にとあることをきっかけに、囲碁をやるようになりました。囲碁は、とても奥深いゲームで素人ながら自分自身が上達することの楽しさを感じますし、また一緒に始めた仲間と時間を過ごせるのもとても楽しいです。月に一度囲碁クラブに通って囲碁を楽しんでいます。さて、話は変わり、2010年アジア大会では、囲碁が競技種目に入っていました。アジア大会では囲碁はスポーツだという認識となっているから、種目入りしていたわけですが、囲碁は果たしてスポーツかどうかということは、日本の中でも多いに意見が分かれるのではないでしょうか。

人は国境を越えて心を通い合わせることができるのです。--ジャン・チンミンさん

My Eyes Tokyo | 投稿日 2014年04月10日
My Eyes Tokyo

日本で活躍する外国人のライフヒストリーを伝えるMy Eyes Tokyo、旧正月に縁の深い人たちのインタビューのラストは、日本LOVEな中国人映画監督、ジャン・チンミンさんです。日中共同制作映画『東京に来たばかり』でメガホンを取りました。