医療保険

看病しているあなたを支えたい 父を亡くした女性から「がん家族」へのメッセージ

A-port | 投稿日 2017年05月23日
A-port

治療を続ける患者を支えようという思いから、自分のつらさを言い出すことができず、心や体のバランスを崩してしまう家族も少なくない。

オバマケア撤廃に向け共和党が発表した代替案、何が変わるのか?

The Huffington Post | Jonathan Cohn , Jeffrey Young | 投稿日 2017年03月08日

「オバマケア2.0だ」

インフルエンザ薬タミフル、1歳未満の使用了承 医療保険適用へ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年11月24日

10代の子どもへの使用は、ベランダからの転落など服用後の異常行動が続発したとして、2007年から原則禁止となっている。

スロバキアで医師をめざす道

妹尾優希 | 投稿日 2016年08月22日
妹尾優希

日本人医学生の目線から見た、ヨーロッパで医療を学ぶ魅力とスロバキアの医療事情。

イノベーションを起こす人に必要な3つの要素

coFFeedoctors | 投稿日 2017年07月06日
coFFeedoctors

予防や健診で先手を打てる時代にもかかわらず、医療業界は後手に回る仕組みのまま。その突破口を開くために、保健医療の位置付け自体を変えていこう。

お医者さんからの領収書が当たり前になったのはなぜ?

逢見直人 | 投稿日 2017年01月13日
逢見直人

今回は、連合が長年取り組んできた「お医者さんにかかったら領収書をもらおう」運動について話します。

保険の「入院給付金」、通算支払限度日数が1095日なのはなぜ?

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年10月18日
ニッセイ基礎研究所

2015年現在、保険などの「入院給付金」の通算支払限度日数は1095日(3年)となっている。この日数に至るまでには、歴史的な変遷があった。

マイナンバー制度、一目でわかるそのメリットと注意点

連合 | 投稿日 2016年10月21日
連合

マイナンバー、そしてマイナンバー制度とは?そのメリットと注意点を、わかりやすく説明します。

疾病発生率の特殊事情-統計のとり方しだいで、疾病発生率は変わる?

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年10月06日
ニッセイ基礎研究所

医療保険の保険料や準備金の計算に用いられる疾病発生率。それを設定する際に、担当者の頭を悩ませるものとは?

約款の数字 1から1095まで-第6回 「10・20・40」倍について(手術給付金の給付倍率)

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年09月03日
ニッセイ基礎研究所

医療保険や医療特約などの手術給付金の入院給付金日額に対する給付倍率である「10・20・40」倍について取り上げたい。

日本の医師による世界的な発見とは?-認知症の歴史を塗り替えた医師の物語

Medical Note | 投稿日 2016年06月07日
Medical Note

認知症にはほかに2つのタイプがあるとされています。実は、そのうちのひとつである「レビ―小体型認知症」を発見したのは、日本の精神科医である小阪憲司先生なのです。

「3親等内の親族」が意味するものとは?

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年05月28日
ニッセイ基礎研究所

ここでは、「指定代理請求制度」の指定代理請求人の範囲として規定されている、「3親等内の親族」について取り上げることとしたい。

院内事故調査委員会報告書の危険性 ~医療システムの内部に司法を持ち込む(小松秀樹)

MRIC | 投稿日 2015年02月28日
MRIC

2014年6月の医療法改正で、医療事故調査制度が発足することになった。新しい制度では、院内事故調査委員会がすべての医療機関に設置される。

医療保険を実際に利用して気付いた5つのこと

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2015年03月21日
ニッセイ基礎研究所

誰の話かはさておき、病気による入院の話をしよう。主に費用面の話である。

高額療養費を考える

河野太郎 | 投稿日 2014年10月23日
河野太郎

高額療養費という制度があります。医療費が一定の金額を超えたときは、公費で負担しましょうという制度です。この自己負担限度額はそれぞれに収入に応じて決まっています。

「医療費」を考えるための言葉と数字

河野太郎 | 投稿日 2014年12月20日
河野太郎

行革推進本部のこれからの大きなテーマは社会保障、特に医療・介護になる。ところが「医療費」といったときに様々な定義と数字があって、それを把握していないとややこしい。(把握していたってややこしいのだが。)

【御嶽山噴火】生命保険全社、免責適用せず医療保険金支払い

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2014年10月03日

生命保険協会は3日、御嶽山の噴火による被害について、「地震、噴火、津波の場合、保険金を支払わなくてもよい」という免責条項を生保全社とも適用せず、保険金を支払うと発表した。

保険金のもらい忘れが続出中?(加藤梨里 ファイナンシャルプランナー)

シェアーズカフェ・オンライン | 投稿日 2014年11月03日
シェアーズカフェ・オンライン

最近、保険金が誰の手にも渡らないままになっているケースが増えています。これを受けて、保険会社各社が対応を迫られています。

混合診療、2016年度にも拡大 全国の病院で実施

朝日新聞デジタル | 高橋健次郎、藤原慎一 | 投稿日 2014年06月05日

公的な医療保険が使える診療と、使えない自由診療を組み合わせる「混合診療」について、政府は、患者の希望があれば認める新たな仕組みをつくる方針を固めた。一定の基準を満たせば、全国の病院や診療所で実施できるようにする。今月下旬にまとめる成長戦略に盛り込み、来年の法改正をめざす。早ければ2016年度から実施する。

混合診療解禁とは 国民皆保険とTPP

小野昌弘 | 投稿日 2014年06月28日
小野昌弘

TPPにより日本の国民皆保険制度が終焉の危機です。「崩壊」の危機ではなく「終焉」の危機であることに注意してください。

高額所得者への増税は限界か 日本の税制問題の行方は

ニュースの教科書 | ニュースの教科書編集部 | 投稿日 2013年12月16日

日本は所得が上になるほど税負担が重くなる累進課税制度を導入しているが、高額所得者の負担をさらに重くすることを求める声は少なくない。一方、これ以上高額所得者の負担を重くすると、高額所得者のインセンティブを低下させ、経済にマイナスとなるとの意見もある。