石破茂

Kei Yoshikawa/HuffPost Japan

石破茂氏、安倍首相の改憲方針に異論 「東京オリンピックと憲法改正に論理的整合性はない」

自民党の石破茂・前地方創生相が6月14日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見した。東京オリンピックが開かれる2020年までに憲法改正を目指すという安倍首相の姿勢について、石破氏は「オリンピックと憲法改正に論理的整合性はない」と、異論を唱えた。

城崎温泉、養父市特区など

憲法改正で「軍」を保有することや緊急事態条項を明記することの是非を、曖昧な理解や知識で感情的に議論すべきではないことだけは確かです。
東宝

シン・ゴジラなど

このような極限事例について考えることは、一般的な法律の思考回路を錬成する意味において有意義なものだと思っています。
石破茂

大臣退任など

国家システムを変えるという作業がいかに困難なことなのかを痛感した2年間でしたが、変革の芽は点から面へと拡がりつつあると認識しています。