いわき市

 

福島県内の自治体の取り組み―美味しんぼと"三国鼎立"(3)

「美味しんぼと“三国鼎立”」第3回です。できましたら、私の立場・背景・考え方に目を通していただけるとありがたいです。2013年8月5〜7日、板橋民主党の議員でいわき市・南相馬市・喜多方市の視察に赴きました。仮設住宅に住まう住民に向きあい、被災者同士の断絶に悩み、除染に取り組み、風評被害解消に尽力する、福島の基礎自治体の姿を見てきました。
©筑波大学

映画「いわきノート」プロデューサー浅井隆さんに聞く

東日本大震災で被災した福島県いわき市を舞台にしたドキュメンタリー映画「いわきノート FUKUSHIMA VOICE」が、5月10日(土)から東京・渋谷のUPLINKで公開されている。筑波大学の学生11人が、「福島の人々の声を世界に」を合言葉に情景を織り込みつつ、被災地の人々の声と住民らの未来への思いを描いた作品だ。