過疎

「震災後、何かしたい気持ちずっと...」院長死亡で常勤医ゼロの福島・高野病院、2カ月限定の医師赴任へ

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月11日

一方で、4月以降は引き続き常勤医は不在。

「福島の医療崩壊は、どこでも起こりうる」原発22キロ、常勤医ゼロの高野病院の危機を救え

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月09日

「常勤医が見つかりました、じゃ、後はがんばって」でいいのでしょうか?(尾崎章彦医師)

プリンス大好きのオバマ大統領、ハロウィンであの名曲を歌う

The Huffington Post | Lydia Oconnor | 投稿日 2016年11月01日

ミニ・プリンスの出現に思わず…。

【ハロウィン】バーガーキングがマクドナルドのおばけに変装しちゃった(画像)

The Huffington Post | Carla Herreria | 投稿日 2016年10月30日

「バーガーキングの勝ち! あばよ、マクドナルド」

片足のパラリンピック選手、ディズニーの仮装でハロウィンの話題をさらう(画像)

The Huffington Post | Ed Mazza | 投稿日 2016年10月30日

「ハロウィンは、自分が何か他のものになれる日です」

コメディ映画そっくり 仮装犬カレンのハロウィンコスチュームが可愛すぎる(画像)

The Huffington Post | Kimberly Yam | 投稿日 2016年10月20日

まだハロウィン前だけど、すでに大人気。

「リモートワークなんていいことない」 Sansanが神山にサテライトオフィスを開いた狙いとその苦労とは

庄司智昭 | 投稿日 2015年01月23日
庄司智昭

神山町で最初にサテライトオフィスを開いたSansan株式会社でコネクタ/Eightエヴァンジェリストとして働かれている日比谷尚武さんにその狙いと苦労を聞きました。

サテライトオフィスから有機農産物? 移住者が新しい変化を生む神山町が描く未来とは

庄司智昭 | 投稿日 2015年01月09日
庄司智昭

グリーンバレーの歩みから生まれたサテライトオフィス、これから神山町がどのように未来を描くのかという点について、大南さんの講演からまとめたいと思います。

「神山プロジェクト」の20年の軌跡から学ぶ、まちづくりに重要な4つの視点

庄司智昭 | 投稿日 2014年12月30日
庄司智昭

今まちづくりで注目されている地域があります。徳島県神山町です。人口わずか6019人(9月1日現在)、高齢化率は46%(2010年)を超える同町には、今"二つの異変"が起こっているそうです。

死を笑う集落~秩序を守る、生活者としての現実~

日本ジャーナリスト教育センター | 投稿日 2014年08月05日
日本ジャーナリスト教育センター

仲睦まじい人の繋がり、絆を感じさせる地方の集落。都会の喧騒や希薄な人間関係から離れ、人の温かさを感じたいがために移住してくる人も多い。しかしそこで待っているのは、共同体の中で秩序を守りながら生きるという現実、死をも笑う現実。

等身大の人形が住民より多い集落描く【画像】

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2014年06月05日

ドイツの映画制作者フリッツ・シューマンさんがのドキュメンタリー映画「Valley of Dolls(人形の谷)」が、海外で話題となっている。徳島県の山あいの限界集落で等身大の人形を作り続ける女性と、人形を捉えた作品だ。徳島県の山あいの限界集落で等身大の人形を作り続ける女性と、人形を捉えた作品だ。

過疎により人口が1万人を切ったら、それはチャンスだ。

室谷良平 | 投稿日 2014年07月22日
室谷良平

まちづくりや地域活性において、「コミュニティデザイン」「コンパクトシティ」「里山資本主義」などの提唱などがなされています。

都市の論理と地方の非論理。衰退する地方を助けないといけない理由

日本ジャーナリスト教育センター | 投稿日 2014年07月15日
日本ジャーナリスト教育センター

人が減り続ける村の住民を支えるために、各自治体は、国は、税金を使って道路を整備し、水道管を更新し、ゴミ収集に向かい、診療所を整える。住む場所は自由だ。その地域に住む住民たちの税金ですべてが賄えているわけではない。我々の所得税の一部やたばこ税、酒税などが原資の地方交付税がその一部に含まれている。 「この村を維持するために、私たちの税金を使って何のメリットがあるのですか?」

どうして渋谷にバカ騒ぎする人たちが集合するんでしょうか?

林伸次(bar bossa) | 投稿日 2014年07月12日
林伸次(bar bossa)

渋谷って好きですか? おそらくほとんどの方が「ゴチャゴチャしてて出来れば行きたくない街」と感じているのではないでしょうか?

若い女性の人口、2040年までに半減? 有識者会議が試算

ロイター | Reuters | 投稿日 2014年05月08日

地方からの人口流出が続く前提で、2040年にまでに若年女性(20─39歳)の人口が50%以上減少し、消滅する可能性がある市区町村は全国に896あり、なかでも人口が1万人未満で消滅の可能性が高い市町村は532にのぼるという試算が公表された。

まちづくりをバージョンアップする覚悟はあるか

室谷良平 | 投稿日 2014年05月28日
室谷良平

過疎った町や村の活性化が全国津々浦々で取り組まれていますが、全国に「過疎」のまちっていくつあるんでしょうか?

与那国島のいとなみ

鯨本あつこ | 投稿日 2014年05月23日
鯨本あつこ

与那国島のようにコンビニや娯楽施設がない離島は日本全体には数多くあり、そうした島はよく「なにもない」と表現されます。でも実際は「なにもない」ことはなく、圧倒的な自然があれば、そこで力強く生きている人々の営みもある。「島にあるもの」は「都会にあるもの」の内容は同じではなく、どちらにも価値はあります。

伝えるだけでは社会は変わらない

ネットと地域活性化を考える会 | 投稿日 2014年03月31日
ネットと地域活性化を考える会

ICTによる真の地域活性化のため、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」への投資を提言する「ネットと地域活性化を考える会」。連載第4弾は、株式会社ウィズグループ代表取締役の奥田浩美さんが、ネットメディアを活用しながら各地のプロジェクトを推進している視点から寄稿しています。

町興しはプロデューサー育成から(横石知二)――ICTで地域を耕す~モノからヒトの時代(1)

ネットと地域活性化を考える会 | 投稿日 2014年02月24日
ネットと地域活性化を考える会

私たち「インターネットと地域活性化を考える会」は、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」の育成が重要と考えています。当会は地域活性化に関わる企業、団体、個人から成るグループで、連載では、ICTによる真の地域活性化について提言します。

ハロウィンとともに女子に定着するコスプレ文化

酒井崇匡 | 投稿日 2013年11月08日
酒井崇匡

もはや何でもありのコスプレパーティーに近い様相を呈しつつある日本のハロウィンですが、一体どうして、こんなことになっているのでしょうか。実は生活総研では、「ハロウィンを祝った」人が毎年どのくらいいたか、20年前から地道にデータを取り続けています。