北朝鮮

Getty Images/iStockphoto

「米本土射程」ミサイルで米朝「大変」(6・了)「時間は残されていない」武力衝突--平井久志

北朝鮮は9月15日に中距離弾道ミサイル「火星12」を日本列島越えで発射して以来、ミサイル発射などの目立った軍事挑発は控えていたが、11月29日、75日ぶりに新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星15」の発射を強行した。 朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は10月28日付で、核・ミサイル開発について「すでに最終完成のための目標達成がすべて成し遂げられた段階にある」と、国家核武力の完成ともとれる論評を掲載...