Jアラートとは? 「全国瞬時警報システム」はいつ使われるのか。避難時の注意点【北朝鮮ミサイル発射情報】

10月4日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射。北朝鮮が「日本の上空を通過する形で」弾道ミサイルを発射するのは5年前の9月15日以来、通算7回目という。
|

10月4日午前、北朝鮮から弾道ミサイルが発射された。NHKニュースなどの報道によると、弾道ミサイルは東北地方の上空を通過し、日本のEEZ(排他的経済水域)の外側の太平洋上に落下したという。

政府はJアラートで弾道ミサイル情報を配信し、対象地域の人々に対し建物の中に迅速に避難するよう呼びかけた。

Jアラートとはいったい何か。情報が配信されるのはどんな時なのかなど、詳細をまとめた。

Jアラートとは?

NHKニュースなどによると、政府はJアラートで「午前7時22分ごろに北朝鮮からミサイルが北海道、青森県の方向に発射されたものと見られます。頑丈な建物の中や地下に避難して下さい」と伝えたという。

そもそもJアラートとは、人工衛星を経由し、弾道ミサイルの飛来情報や緊急地震速報、津波警報などを送信し、受信した市町村が防災無線や携帯電話へのメールなどで情報を住民に伝えるシステムのことだ。

Jアラートに関する説明
Jアラートに関する説明
消防庁公式サイトより

政府がJアラートを使用すると、市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・ 緊急速報メールが配信される。

内閣官房の公式サイトでは、弾道ミサイル落下時の行動について詳細にまとめている。弾道ミサイルについて「発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もある」とした上で、Jアラートのメッセージが流れたら、状況に合わせて落ち着いて直ちに行動するよう呼びかけている。

特に屋外にいる場合は、近くの建物の中か地下に避難するよう求めている。

弾道ミサイル落下時の 行動について
弾道ミサイル落下時の 行動について
内閣官房公式サイトより

NHKニュースによると、北朝鮮が「日本の上空を通過する形で」弾道ミサイルを発射するのは5年前の9月15日以来、通算7回目。

北朝鮮が「事前に予告なく」日本の上空を通過する形で弾道ミサイルを発射したのは今回で4回目だという。

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。