教師

「自分は創造的」と感じる日本の若者、わずか8% グローバル平均を大きく下回る

HuffPost Japan | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2017年07月16日

同じ質問での比較で、アメリカは47%、イギリスは37%、オーストラリアは46%、ドイツは44%だった。グローバル平均は44%で、日本の子の数値が飛び抜けて低いことが明らかになった。

そろばんがモロッコのある町の児童労働をなくした話

日下部智海 | 投稿日 2017年07月02日
日下部智海

子供たちの間でそろばんの噂は広がり、今までNGOの活動に一切興味を示さなかった子たちが、親に頼んでそろばん教室に通うようになった。

教え子に「中学卒業記念」でアダルトグッズ贈った疑い 元講師を書類送検

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月20日

神奈川県警山手署によると、講師は4月上旬、市立中で吹奏楽部に所属していた男子生徒にアダルトグッズ1個を贈った疑いがある。

学校の先生はクラウドファンディングを知るべき。

小幡和輝 | 投稿日 2017年05月07日
小幡和輝

生徒にも選択肢として教えて欲しいですが、自分の将来の選択肢としても学校の先生こそクラウドファンディングを知るべきだと思います。

"ブラック学校"温存させる教育界の無責任地獄

河合薫 | 投稿日 2017年02月08日
河合薫

教師の長時間労働を止めるのは、誰なのか?

「その靴いいね」スニーカーを褒めた先生に、生徒たちがサプライズプレゼントしたのは...

The Huffington Post | Elyse Wanshel | 投稿日 2016年12月26日

カービー先生が愛される秘訣、それは生徒への接し方なのかも。

10歳、感動の「2分の1成人式」には批判も? どんなイベント?

LAXIC | 投稿日 2016年12月22日
LAXIC

4年生の5月、最初の保護者会で年間行事の通達と同時に先生からの「お手紙」が渡されました。

アクティブラーニングは教師の知恵と体力勝負か

東猴史紘 | 投稿日 2016年10月29日
東猴史紘

昨今、アクティブラーニングは一つのキーワードとなっており、以前より気になっていました。

学校の先生の新たな働き方。自宅で授業を行うリモートワーク教師

re:mo | 投稿日 2016年10月17日
re:mo

基本的に自宅でパソコンを開いて授業をしています。車椅子なので、自宅で仕事ができるのは良いですね。

子どもを性犯罪から守る活動する講師、中3女子買春の疑いで逮捕

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月06日

公式サイト上で都立高校などでの児童生徒向けの講演を過去に250件、保護者・教職員向けの講演100件と掲載している。

先生を支援することが、日本をよくする

宮地勘司 | 投稿日 2017年07月20日
宮地勘司

先生の力を抜きにして教育の向上はありえません。

世界の教育の潮流と日本の教育の向かう先

鈴木寛 | 投稿日 2017年07月16日
鈴木寛

これからの世界に向けて、教育はどのような役割を担えるのでしょうか。

敢えて、教育は未来と言いたい

米倉誠一郎 | 投稿日 2017年07月16日
米倉誠一郎

日本はなぜ、これほど生産性の低い国になってしまったのでしょうか?

障がいのある子どもを育て、仕事をして、さらに大学院で学ぶことの意味 ~学ぶ喜びを看護学生に伝えたい~

白井薫 | 投稿日 2016年06月03日
白井薫

まさか自分が障がいのある子どもの親になるとは思わず、実際に医師から知的障害を告げられた時には、なかなかその現実を受け入れることはできませんでした。

自民党が40年前に教師不足を解決した、ある方法

駒崎弘樹 | 投稿日 2017年03月22日
駒崎弘樹

保育士の低い給与によって、保育士が不足し、保育園がつくれない状況が都市部を中心に発生しています。実はこれに酷似した状況は、過去にもありました。

「こんな気分になるために教師を目指したんやない」なぜ新任の女性教員は自殺したのか

朝日新聞デジタル | 岡雄一郎、千葉雄高 高浜行人、芳垣文子 | 投稿日 2016年03月10日

東京都内の公立小の新任女性教員が2006年、自殺した。心を病んだ末の死だった。これが先月、東京地裁に「公務災害」と認められた。

「ブラック部活顧問」 の改善求める署名2万3千人分を文科省に提出

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年03月03日

部活動の顧問を務める中学や高校の教員が、休日返上で働いている現状を変えようと、若手教員らが2万3522人分の署名を集め、文科省に提出した。

チャレンジャー号爆発事故から30年 当時の子供たちが乗組員の思いを受け継いでいる

Julielynn Wong, M.D. | 投稿日 2017年01月26日
Julielynn Wong, M.D.

1986年の誕生日、小学生だった私はチャレンジャー号の打ち上げ中継を学校のテレビで見ていた。

【名古屋中1自殺】「いじめられやすい生徒」と担任は認識

朝日新聞デジタル | 小若理恵、岡戸佑樹 | 投稿日 2015年11月10日

中学1年の男子生徒が自殺した問題で、担任の教師が今年4月の時点で「いじめにあいやすい」という印象を持っていたことがわかった。心理テストでも支援が必要なことがわかっていたが……

東京のPR会社で働くOLだった私が、ベトナムで日本語教師として働く理由

週刊ABROADERS | 投稿日 2016年10月26日
週刊ABROADERS

ベトナム生活ももうすぐ1年。今回は、自身を顧みるという目的も兼ね、「なぜベトナムで働くのか」をお話ししたいと思います。

1日10時間以上も働いて、休憩時間は6分 日本の教師の過酷な現実

粕尾将一 | 投稿日 2015年09月17日
粕尾将一

一日の平均休憩時間「6分」の職業を知っていますか?これ、小学校の先生です。中学校の先生だと7分だそうです。労働基準法をガッツリ違反するレベルなんです。

この小学校の先生がすごい! 子どもたちのやる気を引き出す数々の仕掛けとは

HRナビ by リクルート | 投稿日 2016年07月02日
HRナビ by リクルート

一風変わった教育手法で、子どもたちのモチベーションを上げまくっている、東京学芸大学附属世田谷小学校の沼田晶弘先生の授業風景は、まるで司会者とひな壇芸人のようだ。

理想の教師になりたい大学生が世界一周の旅に出た理由(前編)

TRiPORT(トリポート) | 投稿日 2016年06月17日
TRiPORT(トリポート)

理想の教師になりたくて大学を一年間休学し、世界一周の旅の途中にグリーンスクールへ立ち寄った平岡慎也さんに「教育をめぐる旅」について熱く語ってもらいました。

今どきの先生には「パズドラ」トークが必須!? 学校のリアルな課題を教師の情報共有で解決する「SENSEI NOTE」

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2015年09月04日
CAREER HACK by enjapan

教員向け情報共有サービス「SENSEI NOTE」は、各現場で抱えるリアルな問題に対して、先生同士で繋がることで改善していくことをミッションとしている。

PTA「やる気のある男性はお断り」朝日新聞読者の声が...

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2015年05月09日

同じPTA会員でも男性と女性の間に不平等があるのでは? 先生や学校との関係、このままでいいの? 会費の集め方と使い方、おかしくない? PTA活動をめぐる読者の声を紹介します。