内定

関税撤廃でラグジュアリーブランド市場は好景気となるのか?日欧EPAの影響とは。

高橋未央 | 投稿日 2017年07月26日
高橋未央

日欧経済連携協定(EPA)の交渉が大枠合意に達し、ファッション業界でも今後の動きに注目が集まっています。

「いい会社に就職したね」は、一瞬。「楽しそうに仕事してるね」は一生。

森山たつを | 投稿日 2017年06月27日
森山たつを

どうすれば「楽しそうに仕事してるね」になれるのか?

てるみくらぶ内定者58人、200社が「争奪戦」 採用希望の問い合わせ殺到

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月06日

破産手続きを進めている旅行会社てるみくらぶ(東京)に今春、入社するはずだった内定者58人に対し、200以上の企業が採用を希望していることが分かった。中小メーカーや警備会社が多く、深刻な人手不足が背景にあると厚生労働省は分析する。

半分近い男性が転職を諦めてしまう「嫁ブロック」って何だ?

エン・ジャパン | 投稿日 2016年05月19日
エン・ジャパン

30〜40代の転職で「嫁ブロック」を経験した人の割合は?そもそも「嫁ブロック」とは?35歳以上の男性からのアンケート結果をまとめました。

雇均法なんてなかった(4)

草生亜紀子 | 投稿日 2017年05月16日
草生亜紀子

社会人一年目の秋、母校に遊びに行った私の目はある求人票に釘付けになった。

2017年春の就活解禁!「君のビジョンには魅力がない」と内定を貰えなかった企業に、4年越しのリベンジをした話。

STORYS.JP | 投稿日 2017年03月02日
STORYS.JP

新卒での内定が全てではない。

8月への採用時期繰り下げで猛暑に長引く就活、特徴は「疑心暗鬼」と「情報ニーズとのギャップ」

連合 | 投稿日 2016年07月28日
連合

熱帯夜が続く夏に突入したものの、駅の構内ではスマホ片手に、着慣れないリクルートスーツに身を包む学生を見かけない日はない。

世間から評価される人生が、正しい生き方なのか。~大手銀行の内定を辞退して見つけた、人生のレール~

STORYS.JP | 投稿日 2016年06月10日
STORYS.JP

国内主要業100社を対象に行われた2016年度春の採用アンケート調査で、「新卒の採用数を前年度より増やす」と答えた企業が3割を超えるとなる35社に上ったそうだ。

就活生のホンネを、就活生がインタビューした。

氏田あずさ | 投稿日 2016年06月07日
氏田あずさ

実際に就職活動を行っている当の本人たちは何を感じているのだろう。就職活動の真っ只中にいる2016年卒の学生に、就活への思いをインタビューした。

三度のソフトテニス日本一を経験した新卒男子が、内定辞退してカンボジアで働く理由。

週刊ABROADERS | 投稿日 2015年05月15日
週刊ABROADERS

スポーツ一筋の人生を歩んできた私がカンボジアで働くことになった理由をお伝えします。きっかけは、高校時代の親友からの一本の電話がきっかけでした。

異業種への転職者とコンサルタント、二人で歩んだ成功への道のり

エン転職コンサルタント by enjapan | 投稿日 2015年09月04日
エン転職コンサルタント by enjapan

石原さんが初めての転職を意識したのは、2012年から2013年にかけてのこと。2013年の初夏、アクティベイト株式会社のエグゼクティブエージェント 海老一宏というパートナーを得ることに。二人で歩んだ転職成功への道のりを、その出会いから振り返る。

「ブラック企業に内定」どう対処する? 弁護士がマニュアルを公開

The Huffington Post | 投稿日 2014年06月02日

労働問題を専門とする弁護士らによる市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」は5月29日、内定・入社前後にトラブルに遭遇した若者へ向け、「内定・入社前後のトラブル対処法」をWebサイト上で公開した。「内定後にインターンシップに出ないと内定を取り消すと言われ、授業に出ずに働いている。給料は出ない」「内定の際は正社員と言われたが、入社しみてると最初の3カ月はアルバイトだった」など、実際に若者から寄せられた相談を踏まえ、実践的な対処法について解説している。

就活生に必要な洞察力とは?

山口巌 | 投稿日 2014年07月25日
山口巌

私事で恐縮だが、最近古くからの友人に相談があるという理由で食事に招待された。面倒臭い話は正直余り好むところではないが、そうかといって無下にも出来ず、結局会って話を聞いて来た。

「ありがとう」と親心 -復興×新卒採用の話-

野田祐機 | 投稿日 2014年05月24日
野田祐機

いやー、嬉しかった。 とにかく嬉しかった。久しぶりに心から嬉しくなり、なおかつ、1つの節目を超えた気がしています。昨日、復興に関わる大学生と新卒採用のイベントを開きました。このイベントはひょんなご縁からはじまりました。ちょうど1ヶ月ほど前、就活サービスをされているi-plugの中野社長と打ち合わせ。「東北復興に取り組む大学生の就活を応援したい」。

若者は何故就活に失敗するのか?

山口巌 | 投稿日 2014年05月06日
山口巌

晴天に恵まれた今年のゴールデンウイークももう直ぐ終了する。就活開始から半年弱、慣れない、気苦労の多い日々を過ごさざるを得なかった就活生に取っては束の間の骨休めになった事であろう。とはいえゴールデンウイークが終われば以前の生活に戻らねばならない。近い内に内定が取れれば良いが、そうでなければ周りの友人は次々に内定が決まっているのにと一人落ち込む事となる。

自己実現などしなくてよい――この世で格闘する元学生へ告ぐ

岡田憲治 | 投稿日 2014年06月28日
岡田憲治

早速世間の洗礼を受けてヘタっている者たちは、誰が言い出したかも不明な言葉に振り回されているようだ。それは「自己実現」というこなれない言葉である。真面目な者ほど、この言葉に追いつめられる。

ユニ・チャーム 出産予定の内定者、30歳まで入社資格 女性社員確保で新制度

The Huffington Post | 投稿日 2014年05月21日

ユニ・チャームは、出産の予定がある女子学生が内定を得た場合、大学卒業後すぐに入社しなくても30歳までの間の希望する時期に入社できる制度を導入すると発表。優秀な女性が、出産や育児で入社の機会を失うのはもったいないと判断した。