大阪市

Auris via Getty Images

人口減少に関する住民意識

日本創成会議が5月に発表した人口推計を、一つのきっかけとして、人口減少問題が、一気にクローズアップされています。まち・ひと・しごと創生本部の設置や、石破地方創生担当大臣の就任といった国の動きは、皆さん、既にご承知だと思いますし、全国の自治体でも、対策本部やプロジェクトチームの設置が進んでいます。都道府県や市町村の議会においても、多くの議員が、危機感を持ってこの問題を取り上げ、活発な議論が行われています。
時事通信社

橋下市長の「アメリカ出張キャンセル料」を住民が賠償請求

橋下徹大阪市長が中止した「米国出張旅費」のキャンセル料が、公費で負担されていた問題で、このキャンセル料相当額の約69万円を橋下市長に賠償させるよう、市に対して求める住民訴訟を市民団体が起こした。住民監査請求の棄却や今回の提訴について、行政訴訟の専門家はどう見ているのだろうか。
Getty

給与2千人分削減へ

大阪市は7日、橋下徹市長の意向で設定した職員の懲戒処分件数の抑制目標を達成できなかったとして、課長代理級以上の管理職の連帯責任を問い、約2200人の管理職手当を一部カットする方針を決めた。