労災

Rio Hamada

残業173時間、30代医師の自殺を労災認定 「労働環境を整えないと不幸繰り返される」両親の悲痛な思い

東京都内にある病院に勤務する30代の男性医師が死亡したのは過労が原因だったとして、品川労働局中央基準監督署が労災を認定を出した。男性の弁護人の川人博弁護士が8月9日、記者会見を開いて明らかにし、「病院側は長時間労働を認識していたのに十分なサポートをしていなかった」と述べた。
Michael H via Getty Images

メンタルヘルスの問題を抱える従業員が職場にいたら...どんなケアが必要?

人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」上でサイト利用者の242名を対象に「メンタルヘルス対策」についてアンケート調査を行いました。事業運営者が従業員の心の健康を守ることは責務とも言える中、今後の参考にして頂ける結果が出ました。