最高裁判所

木嶋佳苗被告「驚きはありません」 首都圏連続不審死事件で死刑が確定

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月14日

最高裁が14日の判決で、木嶋佳苗被告の上告を棄却した。

「飢えた時、食べ物を少し盗むのは罪ではない」イタリア最高裁の判決とは

The Huffington Post | Dominique Mosbergen | 投稿日 2016年05月11日

まるで「レ・ミゼラブル」の主人公ジャン・バルジャンのようなストーリー。

「18歳選挙権」実現へ。さらに「被選挙権」も引き下げるべき

保坂展人 | 投稿日 2015年06月09日
保坂展人

安保関連法制の審議が大きな注目を集める国会で、「18歳選挙権」が実現しようとしています。

欧州「忘れられる権利」判決の行方

小林恭子 | 投稿日 2015年05月17日
小林恭子

インターネットが普及した現在、いったんネット上に情報がアップロードされてしまうと完全に削除することは困難だ。「忘れてくれない」のがネットの特質とも言える。

【衆院選だけじゃない】「最高裁判所裁判官国民審査」とは

The Huffington Post | 投稿日 2014年12月12日

総選挙が行われる12月14日まで、あと2日となった。今回の選挙では、衆議院選挙と同時に「最高裁判所裁判官国民審査」が行われる。日本最高の司法機関である最高裁判所の裁判官にふさわしい人物か、有権者ひとりひとりが審査する。何を考え、どのように投票すればいいのか。政治メディア「ポリタス」に掲載された記事をご紹介する。

血縁関係がなければ、父親の『認知』を無効にすることも可能? 最高裁判決はなぜ、「認知の無効」を認めたのだろうか

弁護士ドットコム | 弁護士ドットコムトピックス編集部 | 投稿日 2014年02月20日

血縁関係がなければ認知が無効となるのは、当然とも思える。しかし、民法785条には「認知をした父または母は、その認知を取り消すことができない」と書いてある。つまり、法律にそのまましたがうと、いったん認知をしたら、どんな理由があっても取り消せないとも考えられるのだ。今回、最高裁判決はなぜ、「認知の無効」を認めたのだろうか。法律と矛盾するかのような判断をした理由は、どこにあったのか。

宮内庁の鴨猟2014

河野太郎 | 投稿日 2014年03月12日
河野太郎

思召により、宮内庁の千葉県新浜鴨場にお招きをいただきました。新浜鴨場は、しんはまと読みます。元々浜離宮にあった鴨場をこちらに移したので、新(しん)・浜鴨場です。今回は、新人議員の参加も多く、大人数になりました。初参加という衆議院議員の中には、「ごまめの歯ぎしり」の鴨猟の記事を見て参加を決めたという人も少なからずいらっしゃいました。

婚外子訴訟、違憲決定 「ついに出ました」 弁護士も続々ツイート

弁護士ドットコム | 弁護士ドットコム トピックス編集部 | 投稿日 2014年06月18日

明治時代から続いてきた、非嫡出子(婚外子)の相続格差に関する民法の規定に「憲法違反」の判定が下された…

Ryan J. Reilly

「公民権運動の成果」に違憲判断:米最高裁

HuffingtonPost.jp | Ryan J. Reilly | 投稿日 2013年06月27日

米連邦最高裁判所は6月25日(米国時間)、投票権法の第4条を無効とした。この条項は歴史的に重要な公民権法の規定であり、「投票に関する法律を変更する際に、連邦政府または連邦裁判所の承認を得なければならない」とされる米国内の地域について定めたものだ。

有名企業25社、米最高裁「同性婚」判決を支持

The Huffington Post | 投稿日 2013年06月27日

米国の最高裁判所は6月26日(米国時間)、結婚防衛法(Defense of Marriage Act、DOMA)とカリフォルニア州の提案8号を事実上、無効にする判決を下した。