養子縁組

虐待事件を担当した警察官、被害者の男の子の里親になる「誰もが見習うべきお手本だ」

Huffpost Japan | 濵田理央(Rio Hamada) | 投稿日 2017年07月03日

アメリカ・オクラホマ州の警察官が、担当した虐待事件の被害者の男の子と養子縁組し、家族として迎えた。

「婿養子」は日陰者か?

田中ひかる | 投稿日 2017年06月15日
田中ひかる

「婿養子」といえば体裁の上がらない男として扱われることが多く、世間には「○○さん、婿養子になったんだって」と聞いて失笑をもらす人さえいる。

日本初、男性カップルの里親誕生の意義と今後の課題

駒崎弘樹 | 投稿日 2017年04月06日
駒崎弘樹

LGBTでも、ストレートでも、誰もが養親として子どもを迎えられる、そんな社会になってほしい。そう、強く願っています。

「赤ちゃんの命を救う」特別養子縁組あっせん法の今後の流れ

駒崎弘樹 | 投稿日 2017年02月26日
駒崎弘樹

非常に大切な論点や情報が出てきたので、ポイントを箇条書きにしながら、本記事で広く社会的養護にご関心のある皆さんとシェアしていきたいと思います。

手のひらにすっぽり入った、超未熟児の双子が大きくなるまで。両親が写真で伝える(画像)

The Huffington Post | Caroline Bologna | 投稿日 2017年01月26日

まだ小さいけれど、たくさんの物語を持った双子です。

【朗報】養子の中で自己肯定感を感じる子の割合は、全国の中3より2倍高い

駒崎弘樹 | 投稿日 2017年01月07日
駒崎弘樹

内容が世間で思われているイメージと異なり、子ども達にとってポジティブだったのは嬉しいことです。

ホノルルの動物保護施設が「保護動物ゼロ」に 最後の養子となった犬に温かい送別式(動画)

The Huffington Post | Carla Herreria | 投稿日 2017年01月04日

「私たちは本当に運が良かったのです」

2017年、様々な立場の人がより自由で住みやすい社会になるために

Tomoko Nagano | 投稿日 2016年12月31日
Tomoko Nagano

2017年、ハフポスト日本版は、「様々な立場の人がより自由で住みやすい社会になるために」をテーマにしました。

赤ちゃん縁組について知っておいてほしいこと

望月優大 | 投稿日 2016年12月29日
望月優大

赤ちゃん縁組それ自体については、とてもポジティブで大きな可能性があるということを多くの方に知っていただけたらと思います。

赤ちゃんの虐待死を社会的に防ぐ「特別養子縁組あっせん法案」、参議院を通過!あとは衆議院のみ!

駒崎弘樹 | 投稿日 2016年11月25日
駒崎弘樹

2週間に1人、赤ちゃんが虐待で死んでいて、虐待死の6割が0歳児です。赤ちゃんの虐待死を防ぐために鍵になるのが、この特別養子縁組団体なんです。

初めての赤ちゃん縁組、実現しました!!

駒崎弘樹 | 投稿日 2016年11月03日
駒崎弘樹

2週間に1人、遺棄されたり虐待されて命を落とす赤ちゃんを、一人でも多く救いたい。そんな思いから始めていきました。

うちの子は養子です。ベルギーで感じた、国籍や出自より大切なこと #家族のかたち

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月17日

国籍とは何だろう。人種とは何だろう。家族とは何だろう。

「おかあさんになりたい」をつなぐ特別養子縁組 ある夫婦が、子どもと家族になるまで

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月06日

東京都内に住むサオリさん(40代、仮名)は、1歳になった息子のユウ君(仮名)から目が離せない。

赤ちゃんの虐待死をゼロに!「日本こども縁組協会」設立の記者会見をしました!

駒崎弘樹 | 投稿日 2016年08月28日
駒崎弘樹

日本の行政には、予期せぬ・望まない妊娠について相談できる機関がほとんどありません。

リオ金メダルの体操選手、里親を「両親ではない」といったコメンテーターに素敵な返答

The Huffington Post | Taylor Pittman | 投稿日 2016年08月12日

金メダリストのシモーネ・バイルズ選手は、5歳の時に祖父のロンさんと祖母のネリーさんの養子になった。

舛添知事にきた大チャンスボール! 東京都は速やかに23区に児童相談所を移管し、里親委託(家庭養護)の促進を

おときた駿 | 投稿日 2016年05月28日
おときた駿

施設養護が9割近くになり、子どもの最善の利益がないがしろにされてる日本で、今回の児童福祉法の改正は画期的な変化です。

自民党・野田聖子議員に聞く特別養子縁組に取り組む理由と現状の日本

室橋祐貴 | 投稿日 2017年05月06日
室橋祐貴

どうすれば特別養子縁組を普及することができるのか、また現状の課題はどこにあるのか等、長年特別養子縁組に取り組まれてきた自民党・野田聖子議員に話を聞いた。

養子縁組を助けるために... レモネードを売り続ける少年に起きた奇跡

The Huffington Post | Dominique Mosbergen | 投稿日 2016年05月04日

9歳のトリスタン・ジェイコブソンくんが営む小さなレモネード・スタンドに、何百人という客が立ち寄った。

わが子を手放す母親に「母性」はないのか。作家・辻村深月さんが『朝が来る』で伝えたかったこと

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年03月01日

「圧倒的な現実の力を借りて書いた」と語る辻村さんに話を聞いた。

改善進む児童環境。大学卒業まで児童養護施設に入居可能に

室橋祐貴 | 投稿日 2017年02月27日
室橋祐貴

児童虐待死のうち、約40%が生まれてすぐに虐待死で亡くなっているという現状がある。

不妊治療を経験した夫婦の夜が明けるとき。 作家・辻村深月さんが『朝が来る』で描いた家族のかたち

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年02月20日

子どもを引き取った育ての母と、わが子を手放した生みの母。「特別養子縁組」という縁で繋がったふたりの母親の物語。

いまでも3日に1人が亡くなる児童虐待。 減らすために必要なこととはなにか?

室橋祐貴 | 投稿日 2017年01月31日
室橋祐貴

3日に約1人、虐待によって子どもが亡くなっている。こうした状況に対して、今までどのような対策が取られてきたのだろうか。

「血がつながってないこと、普段は忘れてます」 マンガ家・古泉智浩さんが里子と家族になるまで

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年01月15日

なぜ、里子を引き取るという選択をしたのか? 親となって1年が過ぎた今、思うことは?

最近結婚&養子縁組した都議会議員だけど、夫婦別姓について検証してみる

おときた駿 | 投稿日 2015年12月17日
おときた駿

夫婦同姓の強要は「違憲ではない」という判決が下され、大きな話題を読んでいます。一方で、15人中5人の裁判官は、夫婦同姓の強要は「違憲」であると断じています。

児童養護施設のノウハウを保育・母子支援ニーズに活かして

上田令子 | 投稿日 2015年06月09日
上田令子

6月1日、江戸川区が所管の江東児相の一時保護所を含めた視察を、都議会かがやけTokyo会派と、斉藤りえ北区議会議員、三次ゆりか江東区議会議員と実施しました。