BLOG

日本は豊かなのか?「一人当たりGDP」で見る日本の未来-「中期経済見通し」から見えるもの(その1):研究員の眼

2016年12月09日 19時22分 JST | 更新 2016年12月09日 19時22分 JST

日本のGDPは米国に次ぐ世界第2位の規模を誇っていたが、2009年に中国に抜かれて第3位に転落した。

当研究所が2016年10月に発表した「中期経済見通し」では、日本のGDPは10年後には現時点で日本の半分程度にすぎないインドにも抜かれると予想した。

中期経済見通し(2016~2026年度)

これは人口が日本の約10倍となっていることに加え、先行きの人口増加率も日本を大きく上回ることが大きい。

2016-12-08-1481173745-1994098-eye1611293eye1.jpg

ただ、国全体の経済規模は必ずしも一人ひとりの経済的な豊かさを表すわけではない。

一人当たりGDPを用いて国際比較をしてみると、日本は394万円。米国の678万円には劣るが、中国(98万円)の約4倍、インド(19万円)の約20倍となっている(いずれも2015年時点)。

2016-12-08-1481174265-8754538-eye1611293eye2.jpg

日本の経済成長率は今後も中国、インドを下回る可能性が高いが、一人当たりGDPで見れば10年後でも中国の2倍以上、インドの10倍以上の水準を保てる見込みだ。

人口減少下で国全体のGDPを大きく拡大させることは難しいが、一人当たりGDPを伸ばすことは可能だ。国全体のGDPが他国に抜かれたからといって過度に悲観する必要はないだろう。

・あわせて読みたいインフォグラフ

2016-12-08-1481185577-6168794-tokyo.jpg

【図解】あなたの隣の家、実は空き家かも?-都市別・エリア別に空き家率を見える化してみた

日本の医療は世界一か?-医療の国際数量比較

むしろ増えている保育園待機児童数

都道府県別出生率が浮き彫りにする日本の課題

(2016年11月29日「研究員の眼」より転載)

メール配信サービスはこちら

株式会社ニッセイ基礎研究所

経済研究部 経済調査室長

斎藤 太郎