GDP

11カ国の各国1000人を対象にした調査によると、平均72%の人が既存のGDPを超える評価指標を求めている。
中国経済の停滞は日本にとって他人事ではない。工場の操業停止や、観光客がパタリと途絶えることの経済的ダメージは今も続いている。
低所得者向けローンの焦げ付きに端を発した世界的な経済危機。日本でも景気に大きな影響をもたらした。
5Gの基地局整備や半導体、それにエドテックなど...未来志向型の投資が増える世界は描けるか?
無料や値引きは、消費者個人としては嬉しく感じるが、それが不合理な形で広がれば、健全な経済発展や国民の福利向上の制約や支障になってしまう。
「持続可能で幸せな社会はユートピアでも幻想でもなく、東洋にすでに存在している」
2つの国外リスク要因と3つの国内リスク要因があります。今後の韓国経済を展望する上で注意が必要です。
先行きについては、緩やかに減速するが、通年のGDP成長率は6.7~6.8%を予想する見方が多く、本年の目標「6.5%前後」をクリアすることは確実視されている。
人口が減少すると、具体的にはどのような問題が発生するのでしょうか。
2012年からの雇用指標の改善で、最近のアベノミクスの成果を主張するのは、それほど説得力はありません。
2016年第4四半期の実質GDP成長率は前年比+6.8%と、前期(同+6.7%)をわずかながら上回った。
世界銀行は、1月12日に発表した報告書の中で、2017年の世界経済の成長は2.7%と緩やかに加速するだろうとの予測を表明した。
なぜ、2013年度から2015年度までの3年間の実質GDP成長率が年平均で0.5%も上方改定されたのだろうか。
2017年の日本経済の行方を見通すにあたっては、トランプ新大統領の誕生の影響をどう考えるかが重要なポイントとなってきます。