Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

すくすくパラダイスぷらす Headshot

テレビドラマを観て...昔と今-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(27)

投稿日: 更新:
印刷

先日、私とお姉ちゃんであるテレビドラマを観ました。

たまたまつけていたチャンネルで流れていたのですが、先にお姉ちゃんが見入っていました。

2016-11-11-1478880671-6641890-moro271.jpg

そのドラマは、今から30年以上も前にスタートした作品の再放送でした。

内容は、知的障害があるであろう主人公が日本中を旅して、その地その地で作品を作るというもの。その旅の中で、様々な人間模様などが描かれていて...。

昔のテレビドラマですから、現在の感覚では過激と思われる表現がいくつかありました。

その回では、主人公が立ち寄った定食屋さんにお世話になるのですが、お手伝いをしてもうまくいかず、とうとうそこの店主に「まかないを食べるな。頭の悪いのは半人前。半人前は、客の残りものを食べればいい」というようなことを言われてしまいます。

主人公は「ぼくは、バカだけど、人間です」と訴えました。

2016-11-11-1478880599-1734702-moro272.jpg

そして話は進み、店主が悪事を働きました。

主人公がそれを目撃して、周りの大人たちに知らせると、周囲の人たちは、「頭の悪いやつの言うことなんか信じられない」と聞く耳を持ちませんでした。

この一連の内容を観て、お姉ちゃんの肩がフルフルと震えているのがわかりました。

2016-11-11-1478880754-8286658-moro273.jpg

私「どうした?」

お姉ちゃん「お母さん、この人たち、酷い」

私「うん」

お姉ちゃん「どうしてこういうことを言うんだろう」

お姉ちゃんは怒りながら、ポロポロと大粒の涙を流していました。きっと、この主人公とこもたろを重ねたのでしょう。

私「昔のドラマだからね、まだこういう人への理解があまりなかったのかもしれないね」

お姉ちゃん「こもたろも、こういうこと言われちゃうの?」

私「それはわからない。長い人生、生きている中で、言われちゃうかもしれない」

お姉ちゃん「そんなの嫌だ」

私「そうだね。でも、こもたろも一所懸命頑張ってるから、そこを見てくれてる人はたくさんいると思うよ」

私「これは昔のテレビドラマで、こういう時代だったんだよ。でも今は、このドラマみたいな人たちは見かけないでしょう」

お姉ちゃん「うん」

私「それはこの主人公みたいに頑張ってきた人たちがいて、それを支える人たちが必死に伝えてきてくれたから、今こうして理解してくれる人が増えたんだよ」

2016-11-11-1478880805-1523712-moro274.jpg

私「お姉ちゃんが大人になる頃には、もっともっと理解してくれる人が増えてるかもしれないね」

お姉ちゃん「そうなるように、私も頑張る!」

私「お母さんも、頑張る!」

何をどう頑張ればいいのかはわからないけれど、出来ることをやっていこう。

先ほどまでは怒りに震え、ぎゅっと拳を握っていたお姉ちゃん。今度は拳を上にあげて、意気込んでいました。

~続く。

★コミックエッセイ「自閉症くんは1年生」絶賛発売中!!

3刷出来!!
コミックエッセイ「生まれたのは自閉症くん。」大量描き下ろしにコラムも収録で絶賛発売中!!

【moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」】

マンガ版もあります! 新章突入!!「自閉症くんの母、やってます」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!