dorama

朝ドラで主人公・橘安子役を演じている上白石萌音(かみしらいし もね)さん。松村北斗さん演じる稔との関係にも注目が集まっている。
【加藤藍子のコレを推したい、第13回】全世界で大ヒットしている『イカゲーム』。理不尽で殺伐とした「外の世界」みたいな異空間で、主人公ギフンの周りはいつだって少し温かい。
Netflixドラマ『セックス・エデュケーション』シーズン3がついに配信。自称フェミニストの新校長やノンバイナリーの同級生、あるサイトとの出合いによって心の傷を受け入れていくエイミー…。はましゃかさんが思う存分語ります。
オダギリジョーさんが演出・脚本を手がけたNHKのドラマ『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』。同世代の俳優の中でも、オリジナルかつユニークな立ち位置でい続ける2人が、互いに共鳴する部分とは?
俳優の安藤玉恵さんも交えた4ショット写真をインスタグラムに公開。阿佐ヶ谷姉妹の人気エッセイのドラマ化に、期待の声が寄せられています。
家族に見守られ、安らかに息を引き取ったという。
アマプラ(Amazonプライム・ビデオ)で配信中のドラマや映画など、おすすめ作品を厳選して紹介します。
ネットフリックスで配信中の韓国ドラマや、海外ドラマファンの間で話題の作品など、厳選して紹介します。
渡邊圭祐さんは、ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜夜10時)で、比嘉愛未さん演じるベンチャー企業社長の「推し」と容姿がそっくりな青年を演じている。話題作への出演が続く渡邊さんは、「推しを推す」感情をどう受け止めているのだろうか。
映画やドラマ、舞台、音楽など多岐にわたって活躍した三浦春馬さんの映像や、授賞式の様子、未公開の写真などが公開されている。
【追悼】人気ドラマ『glee/グリー』サンタナ・ロペス役で知られるナヤ・リヴェラさん。共演者らとの写真で、その活躍を振り返ります。
上白石萌歌さん、加藤シゲアキさん、吉瀬美智子さん、又吉直樹さんが主演を務める。また、声優の梶裕貴さんも出演。
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』が話題の、清原果耶の最新映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』が6月25日に公開された。
「今の日本こそ『問題』や『敵』が明らかになっているのだなと感じました」。社会問題や政治情勢を映し出す「社会派エンタメ」のヒット作が多い韓国。一方、日本はどうだろうか?
とわ子の初恋の人・甘勝を演じる竹財輝之助(たけざいてるのすけ)さんの経歴は。『ポルノグラファー』の演技で、強い支持を得ました。
【加藤藍子のコレを推したい、第10回】『着飾る恋には理由があって』の真柴くるみには、キラキラしたところもカッコ悪いところも、強いところも弱いところも、色々ある。とにかく色々あり過ぎる私たちそのものなのだ。
2012年1月、深夜にひっそりと放送がスタートするや、食欲をそそる料理と五郎の大胆な「食べっぷり」や「心の声」が話題となり、人気に火が付いた。
【加藤藍子のコレを推したい、第9回】『ナビレラ ―それでも蝶は舞う―』が想定外だったのは、本作が「自分なりに楽しく」踊る意義という以上のメッセージを携えていたことだ。
「『Friends』 が好きすぎて最終回を見ていない」…というほどのファンたちで、reunion(リユニオン、再集結)版の配信前にドラマの魅力を語りあいました。当時の画像もたっぷりで、お届けします!
主人公・神崎真(松坂桃李)は名門国立大学の広報課職員。意味のあることを何ひとつ言わず、引きつった笑顔で右往左往する神崎。狂言回し的なその存在を通して、私たちは大学、ひいては今社会が抱える様々な問題を垣間見る。