BLOG

こもたろの偏食事情-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(17)

2016年01月26日 00時41分 JST | 更新 2017年01月24日 19時12分 JST

先日、こもたろが通う小学校が振替休日となったので私とこもたろで、近場ですが朝からお出かけをしました。昼時になったので、2人でファミレスへ。

2016-01-25-1453700051-7581651-moro171.jpg

こもたろの好物のポテトと、お子様セット、あとドリンクバーを頼みました。飲み物を取りにドリンクバーへ。さすがにまだ危なっかしいので飲み物は入れてあげますが、それを持って、席へ戻ります。席につき飲み物を飲んだあと、次に何をするかと思うと、おもむろに子供用メニューを広げました。

2016-01-25-1453700102-8650022-moro172.jpg

そして子供用のメニューをうっとりした眼差しで眺めたり、内容が気になるのか、中に何が入っているのかと聞いてきたり。あとはその辺で目につく「漢字」を見つけては読み上げたり、質問したり。

そうこうしているうちに、料理が運ばれてきました。こもたろは、まず苦手なものから食べ始めます。それは付け合わせのほうれん草だったり、レタスなどの葉野菜。それらを食べたあと、メインにうつり、最後のシメに白ご飯という流れです。

自分が食べ終わると、「あの漢字はなに?」と漢字講座が始まったり、おしゃべりをしたりして、私が食べている間、終わるまで待てるようになりました。私がドリンクバーへ行っている間も、こもたろは席でひとり座って待てるようになりました。

2016-01-25-1453700218-9230057-moro173.jpg

ふと、思ったんですよね。今、こもたろは周囲の人、誰からも「障がい児だということを」気づかれずに食事をしている。周囲からの「あの子どうしたの?」という視線もありません。母ちゃんとこもたろの、2人きりでの外食。こんなこと、当時は思い描いたことがあっただろうか。昔は、お絵かきセットや絵本などを持参して、何とか待ち時間を潰していたものでした。今はもう、そんなことはしていません。

いつの間にか当たり前になって、日々過ごしていること。

2016-01-25-1453700268-4553413-moro174.jpg

この、ただ静かだという食事が、どれだけ私たち親子にとってキラキラした時間か。

ひとつひとつの成長を忘れないようにしたい。出来て当たり前と思わず、出来たことを喜ばなくちゃね。初心忘るべからず、といいますか、そんなことを思ったのでした。

~続く。

3刷出来!!

moro最新刊、コミックエッセイ「生まれたのは自閉症くん。」大量描き下ろしにコラムも収録で絶賛発売中!! 

【moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」】

マンガ版もあります! 新章突入!!「生まれたのは自閉症くん。小学校編」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!

▼画像をクリックすると開きます▼

「子どもに読ませたいマンガ」ランキング