henken

感染者について、「インターネット上で実名を暴こうとされたり、デマが拡散されたりするなどの人権侵害事例が生じている」とも言及した。
私はこの投稿をアジア人差別や偏見を喰い止めるために書いたのではない。どんな人種であれ、今の状況を理解し、一度頭の中を真っ白にして、自分の心と対話をするきっかけを作って欲しかったのだ。
私は自分に性的な欲求があることを知っていて、愛情あふれる安定した関係の中でセックスをしたいと思っている。
「男社会」の寿司職人の世界で、女性だけで切り盛りする寿司店が東京・秋葉原にある。「なでしこ寿司」。客や同業者からの差別や偏見と闘いながら、店は10年目に突入した。
男性が同調して笑うのではなく、一声「おかしい」と言える小さな行動が、世界を変える一歩になるという。日常に潜むセクハラや性暴力を可視化する海外の動画を、日本語に翻訳して発信を続ける村中千廣さんに話を聞いた。
札幌地裁で6月11日の法廷を傍聴した人からは「まるでかつてのハンセン病の差別を見ているようだった」と声が漏れた。
ネット上などでは西成への差別的表現を批判する声が上がる一方、「番組の何が悪いの?」というコメントも相次いでいる
「彼氏(彼女)いるの」って悪気なく聞いちゃうよね。
果たして歌を歌うだけで罪に問われるべきであるのかという表現の自由に関わる問題と、それだけに留まらず、カースト制の名残を受けたインド社会の差別などの理不尽さをも描き出す秀作だ。
女性でアラブ人のハディド。男ばかりの建築世界で差別を経験してきました。
誰でも、無知や偏見に基づく、自分自身も気づいていないような無意識的な嫌悪はあるのではないかと思います。
4月はアメリカではSexual Assault Awareness Month(性暴力意識向上月間)。
4/15より公開されるドキュメンタリー映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」は、2つの点で興味深い映画だ。
外国人の存在は、経済的効果や労働力不足を補う以上の効果がある。
アジアでは有色人種の英語教師が教育現場で不平等に扱われる経験をすることは珍しくない。
「#フェミニストは何を着るか(#WhatFeministsWear)」というハッシュタグで意見を募ったところ、多くの女性たちがさまざまな服を着て、パワフルで素敵な写真を投稿してくれた。