Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TABIZINE Headshot

【イタリア】ベネチアのカラフルな姉妹島「ブラーノ」と「ムラーノ」

投稿日: 更新:
印刷

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ

今も尚、世界中の観光客を魅了する水の都・ヴェネツィア。そんなヴェネツィア周辺には小さな島々があります。その中でも、姉妹島と知られている、ブラーノ島、ムラーノ島は特におすすめの島です。

ブラーノ島

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ

「ええ!これ本当に存在する町なの?」と目を疑ってしまいたくなるような、カラフルな建物がずらりと並ぶ、ブラーノ島。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ
©flickr/i k o

人口約3000人、4つの小島で構成される群島、ブラーノ島。ヴェネツィア本島へも容易にアクセスできます。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ
©flickr/Marianne de Wit

また、ブラーノ島の特産品といえば、15〜6世紀から盛んなレースの手芸品。漁に必要な網を製作する技法を真似た事から、レース編みが盛んになったそうです。人間のすばらしい知恵ですね。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ
©flickr/Marianne de Wit

丹精込めて作られた、職人の努力と温かみが詰まった手作りの手芸品。かさばる事もないので、日本へのお土産にもおすすめです。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ
©flickr/Riccardo

ムラーノ島

もう1つのおすすめの島は、「ムラーノ島」。こちらは7つの島に分かれていて、人口約6000人と、ブラーノ島より大きい島です。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ
©flickr/David McSpadden

これは、7世紀に建てられ、14世紀に再建されたヴェネト=ビザンティンのサンティ・マリア・エ・ドナート教会。かつて存在したヴェネツィア共和国は、東ローマ帝国とも貿易をしていた事から、その首都コンスタンティノープル(現在のトルコの首都・イスタンブール)の建築様式にも大きな影響を受けており、その名残は至る所で見られます。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ
©flickr/Cris Valencia

そしてムラーノ島といえば、なんといっても有名なのはガラス細工。この文化もまた、ヴェネツィア共和国時代に東西を結ぶ貿易地の中心地のなったヴェネツィアが、東方諸国から影響を受けて盛んになった工芸文化という言い伝えがあるようです。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ
©flickr/Joanne Richardson

高価な物から、食器、ピアスといったアクセサリーまでさまざまなガラス細工が作られています。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ

小さな物であれば、かさばらないので日本へのお土産にもぴったりですよね。

【イタリア】ヴェネツィアにあるカラフルな姉妹島、ブラーノとムラーノ

「カラフルな小物が大好き!」という方にもおすすめしたい、姉妹島・ブラーノ島&ムラーノ島です。

[Photo by shutterstock.com]

Yoko

TABIZINEについて
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】
【デートにお勧め】世界への玄関口「横浜大桟橋」がロマンチック
「世界の湖畔で最も美しい」町、オーストリア「ハルシュタット」で癒される
【外国人に聞いた】外国人が喜ぶ日本のお土産って何?

他のサイトの関連記事

香川県庁東館図面、出展へ/ベネチア国際建築展

ヨーロッパ貴族が羨望した繊細優美な輝き―「華麗なるヴェネチアン・グラス祝宴の器展」

ドキュメンタリーとして史上初の快挙!ヴェネチア国際映画祭・金獅子賞受賞作品『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』

スバル フォレスター に特別仕様車…プレミアム感高める