BLOG

新国立競技場の基本設計は出来上がっていない!

2014年05月28日 23時21分 JST | 更新 2014年07月28日 18時12分 JST

昨日、新国立競技場の基本設計が出来たというアナウンスがありましたね。

それで、マスコミ関係者のみを対象とした説明会見というものがあったらしいのですが、昨日の午後時点で私もすぐに拝見しましたが、、、、、

感想というか率直な見解を述べさせていたくと

「これは、、、建てちゃダメです。」

おそらく、建築設計の専門家ならみなさん気づかれると思うのですが、

いろいろ破綻しております。後程説明します。

あともっと重大な問題として、今回の会見発表でこの計画の流れでビックリしたことがあるのです。それは!

この新国立競技場の施主はいったい誰なんだ?ってことです。

20年東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場の構想を審議する有識者会議が都内で開かれ、周辺環境との調和や景観に配慮して建物の高さを70メートルに抑えた日本スポーツ振興センター(JSC)の基本設計案を承認した。 http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/05/29/kiji/K20140529008255480.html

建築家の安藤忠雄氏は高さを抑えた点を「バランスがいい」と評価する一方、批判に対しては「(JSCは)もっとしっかり発言していく必要がある」と説明を尽くすべきだとの考えを示した。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140528/oth14052819280007-n1.htm

報道の通り読みますと、

JSCという組織が 日建設計たちに頼んだ基本計画を

新国立競技場の構想を審議する有識者会議 という組織に

「こんなんなってますけれど、いいですか?」とお伺いを立てて

新国立競技場の構想を審議する有識者会議が

「いいよ」と承認する。

という流れなんですよね。

あれ?この施設保有者も運営者もJSCだよね?

てことは、家でいえばJSCが施主だよね?

その施主が承認を求める先はいったいどこのどいつなんだ?

そういったケース、普通は娘たちの家を建てるときに親が金を出したとか、息子の家だけどお爺ちゃんが大工さんだから一辺見といてもらいなさい。とか、そういうなんらかの責任と担保関係があるならわかるんだけれども、、、

有識者会議はJSCの親なのか?ケツモチなのか?

またまた登場したこの有識者会議という奴ら、、調べてみましたよ。

安西 祐一郎 独立行政法人日本学術振興会理事長

安藤 忠雄 建築家

遠藤 利明  スポーツ議員連盟幹事長 衆議院員

小倉 純二 公益 財団法人日本サッカー協会 名誉 会長

佐藤 禎一 元日本国政府ユネスコ代表部特命全権大使

鈴木 秀典 公益財団法人日本アンチ・ドーピグ機構会長

竹田 恆和 公益財団法人日本オリンピック委員会長

張 富士夫 公益財団法人日本体育協会長

都倉 俊一 作曲家 一般社団法人日本音楽著作権協会長

鳥原 光憲 公益財団法人日本障害者スポーツ協会長

舛添 要一 東京都知事

森 喜朗 公益 財団法人日本ラグビーフットボル協会長

東京オリンピック・パラ競技大会組織委員長

横川 浩 公益財団法人日本陸上競技連盟会長

笠 浩史 東京オリンピック・パラ大会推進議員連盟幹事長代理

これコンペの最初からのいつもの有識者会議のメンバーじゃん。

少し減ったけど

で、やっぱり建築に関しては安藤忠雄さんがいるだけじゃん。

あれほど言ったのに、まともな建築のアドバイザー入れろ!って、

しかもだ!

今起きていることの原因をつくった親玉の安藤さんが、

こともあろうに、

批判に対しては「(JSCは)もっとしっかり発言していく必要がある」

と説明を尽くすべきだ」

はあ?

何言ってんだ!こいつは!ここ、ここに至って!

それ、お前の仕事だろ!

これ、どんだけナンセンスでバカバカしくて、建築家としての職能も放棄し、人としての信義を欠きまくった、、悲しいことなのか説明します。

たとえば、あなたが持っている土地があって周りも市街化したから、

4階建てのマンション建てて大屋さんになっろうとしたとします。

そういった建物を住宅地に建てようとするとたいがい「近隣説明会」というのを開く義務があるのです。これは建設業者、設計事務所なら企業の大小を問わず、みんな日常的にやっていることです。

「お知らせ看板」というのを見たことがあるでしょう?

で、近くの公民館とかで周辺住民の方に計画案の説明をします。

何階建てであるとか

北側に影がこれくらい出ますとか

ゴミ出しの位置とか

いろいろです。

すると、隣接地に住んでいる方からいろいろ質問されますよね。

自分ち側に窓がどうついてるの?とか

バルコニーの日当たりはどうなるの?とか

駐車場の入口はどっち向き?とか

いろいろ心配だから、、

建てる方は、

近隣さんの気持ちも分かるが合法的な建物だからとか

窓の位置はぶつからないように今からでも設計いじって考慮しますとか

ゴミ出し位置についてはもう一回協議しましょうとか

話し合いますが、結構大変。

なかには、わからずやの人もいますが、だいたいは建築図面を見せられてもよくわからないのと、建築の法的知識とか普通持ってないから、誤解もあったりしてしょうがないことなんです。

でも、この近隣説明会に!

設計士も建築業者も居ないなんて話はない。

そのときに建築の素人である施主さんだけ行かせますか?

昨日、安藤忠雄さんはこの有識者会議唯一の建築専門家であり、

立派な人物というふれこみでこの件、仕切り続けているのに、

逃げたんだよ!

いつも闘うんだっけ?

なぜ、ザハのためにJSCのために東京都のために日本のために

闘わないんだよ!

それだけじゃねえ!

「バランスがいい」と評価し承認した当の本人なのに、

JSCに、お前らしっかりせえよ。と逆に言った。

いや、JSCはスポーツの管理団体だよね?

そこが、があんたら有識者会議をたよって、助けて!って

承認もとめてんじゃないのか?

特に安藤忠雄さんに、立派な建築家と信じて、

これ建てていいんでしょうか?

批判がいっぱいあるんですけど、、って不安で聞いてきてんだろ?

それに対して、

批判に対しては「(JSCは)もっとしっかり発言していく必要がある」

と説明を尽くすべきだ」

すげえ逃げ方だわ。

日本を代表する建築家がこれでいいのか?本当に

ふ~う、、内藤廣の内藤文書「諸氏へ」以来、ボルテージ上がったね。

もう、おれ緩めることないわ、この件で

すいません、書いててエキサイトし過ぎて、

基本計画のダメなところの謎解き解説に至りませんでした。

これから取材撮影で外苑の国立競技場に行くので、

戻ったらなるべく急いで続き書きます。

つづく

(2014年5月29日「建築エコノミスト森山のブログ」より転載)

新国立競技場のデザインたち

新国立競技場 画像集