Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

tenki.jp Headshot

東京、7月上旬に7日間の「連続真夏日」予想 19年ぶり

投稿日: 更新:
印刷

2016-06-29-1467158621-4912254-large.jpg

関東は梅雨寒が一転、明日から気温上昇。7月に入ると急に真夏の暑さで、東京は7月上旬では19年ぶりに7日連続の真夏日予想。熱帯夜に迫るほどの、寝苦しい夜も続きそう。


ゴールデンウィークの頃の涼しさ


今日28日の東京は、急に「梅雨寒(つゆざむ)」となりました。

未明よりも、昼間の方が気温が低く、東京の正午の気温は18度7分と、4月下旬並み。

正午の気温が20度に届かなかったのは、15日ぶりです。

昨日の同じ時間と比べると、10度くらい低くかったので、「急にヒンヤリした」と感じた方も、大勢いらっしゃったと思います。

【豆知識】

気温が5度違うと、洋服1枚分に相当すると言われています。

昨日の正午よりも、気温が10度違うということは、洋服2枚分ほどヒンヤリしているということです。

「Tシャツ」⇒「Tシャツ+長袖シャツ+カーディガン」といった感じですね。

この先も、気温の変化には、十分な注意が必要です。

6月末 蒸し暑さレベルアップ


東京の予想最高気温(上記)を見てみますと...

明日29日からは、徐々に高くなり、29日は25度、30日は28度の予想です。

高くなるのは、気温だけではありません。

『湿度も高くなる』のが、ポイントです。

天気マークに、傘マークがあるように、雨をもたらす湿った空気が入るため、 蒸し暑くなるでしょう。

体調の管理はもちろん、食品の管理にも、お気を付け下さい。

7月 連日の「真夏日」と寝苦しさ


そして、7月に入ると、東京でも、いよいよ真夏の暑さが続くでしょう。

予想最高気温は、連日32度前後で、これは真夏並みの暑さです。

平年より5度くらい高いので、急に、季節を先取りしたような暑さがやってきそうです。

昼間の暑さだけでなく、『夜も気温が高いまま』というのもポイント。

予想最低気温にも、注目して下さい。

東京では、7月に入ると、連日24度の予想です。

【豆知識】

ちなみに、夜間の最低気温が25度以上だと、「熱帯夜」と言います。

最低気温が24度とは、「熱帯夜」に迫るほどの、寝苦しい夜になるということです。

夜も暑いと、疲れが取れにくくなりますので、そろそろ涼しい寝具を用意しておくのも、良さそうです。

寝ている間にも、汗をかくので、お休み前には水分補給をするのも、おススメです。

2016年6月28日 16時35分

【関連記事】
梅雨寒の関東 正午は軒並み10度台
10日間予報
アメダス実況(気温)
ビール指数

2016-06-29-1467159209-3434969-small.jpg
望月圭子

[日本気象協会本社]気象予報士
福島県会津生まれ。
東京での大学生活を経て、テレビ山梨のアナウンサーに。
ニュースや中継、県政番組、音楽番組、グルメコーナーなど、幅広く経験しました。

フリーに転身後、大好きな気象を学び、気象予報士の資格を取得。

『OAに強い気象予報士』として
テレビ山梨「ニュースの星」気象キャスターや
NHKラジオ「ジャーナル」気象キャスターを務め、
フジテレビで気象の解説をしたり、
文化放送やニッポン放送、JFNなどでも、天気を伝えてきました。

現在は、テレビやラジオの天気原稿を書いたり、
新聞の天気概況も担当しています。

「どう伝えるか」ではなく
「あなたに、どう伝わるか」を大切にしながら
日々の天気を伝えている私が、
『あなたのお抱え気象予報士』になれれば、幸いです。