BLOG

関東と東北、激しい雨や雷雨に注意 局地的には道路が川のようになるほど激しく降る所も

2015年09月17日 20時36分 JST | 更新 2015年09月17日 20時36分 JST

japan

今朝は東北や関東に発達した雨雲。東北は昼頃まで、関東はきょういっぱい、突然の強い雨や雷雨に注意。局地的には道路が川のようになるほど激しく降る所も。

関東と東北 局地的に激しく降る


東北の太平洋側や関東には昨夜から秋雨前線に伴う雨雲がかかり、断続的に雨が降っています。

さらに、上空には寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になっています。

すでに、千葉県の木更津で明け方に1時間33.5ミリなど、激しい雨の降った所も。

雷の鳴っている所もあり、東京都心の午前6時の天気は「雷」。

東北の太平洋側は、このあとも雨が降ったり止んだりで、特に午前中は雷を伴い激しく降る所がある見込み。

関東は、広い範囲での雨は昼前まで、ですが、いったん止んだあとも、急に雨雲が湧いてくるおそれがあります。家をでる時に雨が止んでいても、傘を持ったほうが良さそうです。中でも、千葉や茨城は昼前後まで、栃木では夕方から、激しい雨の降る所がある見込みです。

鬼怒川流域の、浸水している地域や、川の上流でも雨が降ります。

浸水の範囲がさらに広がるおそれもありますので、今後の雨の降り方や、自治体などからの情報には、十分にご注意ください。

また、落雷や突風にも注意が必要です。

雨の範囲は北海道にも


雨雲は次第に北へと広がり、午後は北海道でも雨が降り出す見込みです。

今夜から明日にかけては、太平洋側を中心に雷雨となり、局地的に激しく降るでしょう。

東海から西の天気は回復傾向


静岡県を中心に、東海では明け方まで激しく降った所がありますが、天気は回復に向かう見込みです。

東海から九州にかけては、午後は晴れる所が多くなりそうです。

ただ、日本海側にあたる、北陸から山陰にかけては、ときおり雨が降りますので傘を持った方が良さそうです。

(2015年9月18日 7時56分)

【関連リンク】

2014-02-14-small.jpg

戸田よしか
気象予報士
よろしくおねがいします。