BLOG

2015年5月の気温、東京は歴史的な高さに(深水瑶子)

2015年05月19日 00時14分 JST | 更新 2015年05月20日 01時11分 JST

今年の5月は歴史的な暖かさになりそうです。ゴールデンウィーク前から、全国的に平年より気温の高い状態が続いています。気温の高さは日本だけではないようです。

2015-05-19-1432004182-1065891-20150519tenki1_large.jpg
東京の最高気温※2015/5/19以降は予想気温


東京 歴史的な気温の高さ

ゴールデンウィーク前から、おおむね過ごしやすい気温が続いています。しかし今、異常天候が起こっています。

東京の4月28日以降の最高気温を比べるグラフを作りました。黄色いエリアは、平年よりも気温の高いことを示しています。今年は平年に比べ気温が高く、この先も気温が高い状態が続くことがわかります。

どのくらい今年の気温が高いかを調べるため、1876年以降の140年間の、4月28日から5月27日までの最高気温を平均したものと比べてみました。一番左の、最も高い赤い線が今年です。今年は、なんと1876年以降の140年間と比べても断トツの気温の高さと言えます。

2015-05-19-1432004270-6632498-20150519tenki2_large1.jpg
※2015/5/19以降は予想気温


各地 気温が高い

札幌、秋田、大阪、那覇でも、4月28日以降、平年よりも気温が高く、また今後も平年より気温の高い状態が続く見込みです。

今日18日、北海道、東北、関東甲信、北陸、近畿、沖縄に異常天候早期警戒情報が発表されました。5月23日ごろから約1週間、平年よりも気温が「かなり高い」確率が高くなっています。

「かなり高い」というのは、平年に比べ2度ほど高い状態です。本州は太平洋側よりも日本海側で、かなり高くなりやすい見込みです。

2015-05-19-1432004334-334837-20150519tenki3_large2.jpg
※2015/5/19以降は予想気温


世界的に気温が高い

この気温の高さ、日本だけではありません。今年は北半球全体で気温が高くなっています。実は、ここ1か月ほど北極の寒気が南に降りられず、南からの暖かい空気が溜まっている状態が続いています。

14日には、スペインのバレンシアで42.6度を記録しました。5月の記録を大幅に塗り替えて、年間の最高記録に迫るくらいの高温です。

気温の高さは、いつまで続くのでしょうか。最新の状態が入り次第、日直予報士でお伝えします。

(2015年5月18日 21時36分)


【関連リンク】

深水 瑶子

気象予報士 防災士

瀬戸内生まれ。

パンを作りながら、天気の移り変わりを感じること、しばしば。あなたの「知りたい」にこたえられるような記事作りを心掛けます。