BLOG

【台風情報】台風19号 海面温度が高く、勢力が衰えず(中島俊夫)

2014年10月10日 22時16分 JST | 更新 2014年10月10日 22時16分 JST

台風19号は沖縄の南海上にあって比較的ゆっくりとした速度で北上中。今後も北よりに進み12日(日)にかけて沖縄・奄美地方に接近する恐れ。暴風・高波に警戒。

2014-10-11-large1.jpg

大型で非常に強い台風19号は

10日(金)午後9時現在

沖縄の南の海上にあって、

1時間に15キロの速度で北上しています。

沖縄本島地方では

すでに非常に強い風の吹いている所があり、

荒れた天気となっています。

10日(金)に観測された最大瞬間風速

※( )の中は観測された時間

・糸数(沖縄本島地方)北東43.0m/s(21:44)

・宮城島(沖縄本島地方)東北東37.9m/s(20:53)

・那覇(沖縄本島地方)東北東36.2m/s(19:43)

台風の北上に伴い、

沖縄・奄美地方では11日(土)にかけて

さらに風が強まり、海上では波が高まる見込み。

暴風・高波に厳重な警戒が必要です。

2014-10-11-large.jpg

台風は今後も海面水温の高い領域を北上するため、

非常に強い勢力を保ったまま、

11日(土)から12日(日)にかけて

沖縄・奄美地方に接近し、

台風が予報円の中心を通過すると仮定した場合、

沖縄本島地方には12日(日)未明から明け方にかなり接近する恐れがあります。

13日(月)には強い勢力で九州南部に接近する見込みです。

各地方での影響については

中川さんの記事「台風19号 警戒が必要な期間は」を

参考(下記のあわせてチェックしたい項目を参照)にして頂き、

私は沖縄・奄美地方への影響についてまとめます。

【沖縄・奄美地方への影響】

<暴風・高波・高潮>

沖縄・奄美地方ともに

11日(土)はさらに風や波が強まるでしょう。

広い範囲で暴風が吹き、

特に台風が接近する

11日(土)夜から12日(日)にかけて

沖縄本島地方を中心に猛烈な風が吹く恐れがあります。

また、海は猛烈なしけとなる見込みです。

暴風や高波に厳重に警戒してください。

台風の接近と大潮の時期が重なるため

海岸や河口付近の低地では、

高潮による浸水や冠水に注意が必要です。

<大雨・雷・突風>

台風の北上に伴い、

11日(土)は沖縄は本島地方を中心に雨が降り、

1時間に80ミリの猛烈な雨の降る恐れがあります。

奄美地方も湿った空気の影響で、

局地的に雷を伴った猛烈な雨の降る可能性があります。

大雨・落雷・突風に注意し、

土砂災害や低い土地への浸水、

河川の増水・氾濫に警戒が必要です。

台風の進路によっては

注意・警戒する時間が前後するため、

今後も台風情報をこまめにチェックして

対策を心掛けてください。

(2014年10月10日 23時15分)

あわせてチェックしたい

台風進路図

天気予報

台風19号 警戒が必要な期間は

2014-10-02-3_20141002tenki_small.jpg
中島俊夫
気象予報士
ストリートミュージシャンとして路上で弾き語り中、突然の雨に打たれたことから、気象予報士を目指すことになりました。現在は予報業務のほかに、予報士講座の講師や予報士だけの劇団でも活動しています。楽しいことが大好きです。

注意報・警報