taifu

10月28日の夜から10月29日未明にかけて小笠原諸島へ接近・通過する予想です。
海上は波が高く、先島諸島の沿岸では波の高さが6m程度の猛烈なしけが予想されます。今後、台風は次第に離れていくものの、しばらくは警戒が必要です。
台風16号の影響で、伊豆諸島や関東地方を中心に非常に激しい雨が降るおそれがある。台風の接近で準備しておくべきことは? 大切な10のポイントをまとめました。
大雨や暴風により関東やその周辺で、交通機関などに大きな影響が出るおそれがあります。最新の情報をこまめに確認して早めに対策を進めてください。
豪雨災害などの自然災害が毎年、大きな被害をもたらしている日本。住まい選びでも「減災」の視点を重視する傾向が高まっている。
今後は段々と速度を上げながら北東へ進路を変えて、10月1日頃には伊豆諸島や関東の近いところを通過していく可能性があります。
台風16号の最新情報です。週の後半には関東など本州太平洋側で雨や風が強まる恐れ。早めの備えが必要です。
大雨や暴風から身を守るには、事前の備えが肝要。どんな準備をしておけば良いのだろうか。知っておくべき10のことをまとめた。
台風16号は、暴風域を伴いながらフィリピンの東を北西に進行中。猛烈な勢力の台風に発達する予想です。
進路次第で日本への影響が大きくなるおそれがあるため、今後の情報に注意してください。
日本への影響は?気象庁によると、台風16号はフィリピンの東の海上を北西に進んでいる。非常に強い勢力に発達し、日本の南の海上を北上する見込み。
気象庁が、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。発生すると「台風16号」と呼ばれることになります。
交通機関を利用する場合は最新の情報をこまめに確認するようにしてください。
明日18日(土)になると影響は東日本や北日本にも拡大し、沿岸部を中心に風が強まります。
17日午後に西日本に上陸の見込み。18日にかけて東京など東日本も大雨や強風に見舞われると予想されている。
気象庁は、16日から18日(土曜日)にかけて、西日本から北日本の広い範囲で大雨となるおそれがあるとし、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。
速度が一気に上がることで天気は急速に悪化するため、雨や風への備えは早めに行うようにしてください。
台風の動向によって影響が出始めるタイミングや、影響の及ぶエリア、雨風の強さが変わるため、こまめに最新の情報を確認するようにしてください。
台風はもうしばらく北上を続けるものの、明日以降は中国の上海付近でしばらく停滞する予想です。