BLOG

【台風21号】予報円に東京がすっぽり 23日には近畿から関東上陸か

西日本や東日本の広範囲で台風接近前から大雨に警戒が必要です。

2017年10月22日 09時52分 JST | 更新 2017年10月22日 09時52分 JST

tenki.jp

超大型で非常に強い台風21号は、22日(日)は沖縄や西日本に接近する見込み。23日(月)には近畿から関東付近に上陸する可能性が高くなってきました。

22日(日) 台風接近前から雨風強まる

台風は非常に強い勢力を維持したまま、22日の未明には沖縄の大東島地方に最も接近し、午後は次第に西日本の太平洋側に接近する見込みです。

台風の北上に伴って台風周辺の湿った空気が秋雨前線にたっぷり送り込まれ、前線の活動が21日よりも活発になります。このため、沖縄・奄美、西日本や東日本の広範囲で台風接近前から大雨に警戒が必要です。

また、台風の強風域が日本列島を覆ってしまうくらい大きいため、台風接近前から強い風にも警戒をして下さい。台風が近づくと、瞬間的には木が倒れたり、看板が落下するくらいの暴風が吹き荒れる所もあるでしょう。

海も大荒れとなる見込みです。台風21号 高潮にも警戒が必要 にもありますように、高潮にも要警戒です。

【22日午後6時までに予想される24時間の雨量(多いところで)】

東海地方、伊豆諸島:300ミリ

四国地方、近畿地方:250ミリ

沖縄地方、九州南部、九州北部、関東甲信地方:200ミリ

奄美地方:180ミリ

北陸地方:130ミリ

中国地方:100ミリ

【22日にかけて予想される最大瞬間風速】

沖縄地方:65メートル

近畿地方、東海地方:45メートル

九州南部・奄美地方、四国地方、中国地方、北陸地方:35メートル

【22日にかけて予想される波の高さ】

沖縄地方:13メートル

近畿地方、東海地方、伊豆諸島:10メートル

九州南部・奄美地方、四国地方:9メートル

九州北部地方、中国地方、関東甲信地方:6メートル

23日(月)には近畿から関東に上陸か

台風の予想進路図を見てみると予報円がだいぶ小さくなっており、23日には強い勢力を保ったまま近畿から関東付近に上陸する可能性が高くなってきました。

その後は速度を速めて北上し、23日の午後3時には、北海道の襟裳岬の南付近にまで進む予想です。西日本から北日本の広い範囲で雨や風が強まり、大荒れとなるでしょう。

不要不急の外出は避けるようにして下さい。交通機関が乱れるおそれもありますので、最新の情報をこまめにご確認下さい。

【23日午後6時までに予想される24時間の雨量(多いところで)】

東海地方:400から600ミリ

近畿地方、関東甲信地方、北陸地方:300から400ミリ

中国地方、四国地方、東北地方:200から300ミリ

伊豆諸島:100から200ミリ

降り続く雨で、土砂災害や川の氾濫等の危険性が高くなるおそれがあります。自治体の避難情報等にも注意をして、身の安全を確保して下さい。

また、風や波の詳しい予想は、22日に発表される情報をご確認下さい。

(2017年10月21日 19時27分)

関連リンク

平出 真有

[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

大学卒業後、フリーアナウンサーとして活動。その後一般企業に就職するも、東日本大震災の時、テレビで災害時の解説をする気象予報士の姿に感銘を受け、その日から夢は気象キャスターに。翌日から気象予報士試験の勉強を開始。資格取得後は民間気象会社でラジオ、インターネット動画での解説、原稿執筆などを担当。2017年より日本気象協会本社に所属。気象災害から人の命を守ること、的確にわかりやすい解説をする事が目標。

趣味は食べ歩き、お酒、フィギュアスケート観戦、ホットヨガ、美容全般

○現在の出演番組

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ! 」「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! 」

goo天気動画

○これまでの出演番組

yahoo天気・災害動画

TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」「たまむすび」「久米宏 ラジオなんですけど」「荒川強啓 デイ・キャッチ!」

NEXCO東日本「ドライビングウェザー」