BLOG

【台風22号】台風は週末がお好き? 太平洋側で影響大

1951年以降に台風が上陸した曜日を調べてみました。

2017年10月26日 15時31分 JST | 更新 2017年10月26日 15時31分 JST

tenki.jp

台風22号がフィリピンの東を北上中。前回の台風21号は週末から週明けにかけて日本列島に大きな影響をもたらしました。今週末も日本付近は大きな影響を受けそうです。1951年以降に台風が上陸した曜日を調べてみました。

台風22号の最新情報

26日(木)正午現在、台風22号はフィリピンの東を1時間に20キロの速さで北西に進んでいます。

あす27日(金)には沖縄の南に進み、28日(土)の朝には沖縄に最も近づく見込みです。

その後、徐々に東寄りに向きを変えて、日本の南の海上を進み、30日から31日にかけて本州に近づく恐れがあります。

台風は週末を狙い撃ち

気象庁のデータより1951年以降に発生した台風が、日本に上陸した曜日を調べてみたところ、金曜日が全体の16%、土曜日が15%、日曜日が17%となっていて、週末(金曜日から日曜日)にやってきた台風は全体のおよそ5割。

また週明け月曜日も含めると全体の6割に上ります。逆に週の中頃は台風の上陸が少ないようです。

前回の台風21号の日本への上陸は23日(月)でした。まだ台風21号の爪痕も大きく残る中、続いて発生した台風22号。

前回の台風21号同様、台風の北側には前線もあるため、東日本から西日本の太平洋側を中心に大雨や暴風となる恐れがあります。

今回も週末から週明けにかけて大きな影響を受けそうです。今後も最新の台風情報をチェックしてください。

tenki.jp

(2017年10月26日 13時51分)

関連リンク

tenki.jp

小野聡子

[日本気象協会本社]気象予報士  熱中症予防指導員

福島県伊達市出身。桃畑に囲まれて育ちました。

大学卒業後、はとバスでバスガイドを務め、都内や関東近郊の観光案内をしていました。その後、NHK福島放送局へ。NHK福島放送局では、地域情報番組のキャスターとリポーターを務め、県内各地、自らカメラを持って取材に行くことも。構成や編集など制作全般も行っていました。2006年に気象予報士を取得。その後は子育ての傍ら、司会業を中心に、ブライダルプランナーや教材販売の営業などの仕事も経験。2016年に日本気象協会へ。

趣味は落語と着物。

アマチュア落語家として地元福島や都内近郊で活動中。(高座名:鹿鳴家おそら)

現在、11歳、9歳、5歳の2男1女の、子育て真っ最中のママ気象予報士です。