BLOG

【台風22号】スピードアップして東へ 大雨と暴風の警戒期間は?

台風は勢力を維持したまま進むとみられます。

2017年10月29日 15時09分 JST | 更新 2017年10月29日 15時09分 JST

tenki.jp
台風22号 大雨と暴風の警戒期間

きょう29日(日)、台風22号はスピードアップして本州南岸を東進。九州から関東は非常に強い風が吹き、滝のような雨の降る所も。東北は今夜から、北海道もあす30日(月)は暴風が吹き荒れるでしょう。

台風が最も近づく時間は

台風22号はきょう29日(日)午前11時現在、足摺岬の南を1時間に35キロの速さで東北東へ進んでいます。このあと台風はスピードアップして本州南岸を東へ進み、四国には昼過ぎに、近畿や東海には夕方から夜にかけて、関東には夜、最も接近する見込みです。

tenki.jp
台風22号の予想進路(29日午前11時45分発表)

警戒すべき点は

台風は勢力を維持したまま進むため、四国から関東の沿岸部では暴風域に入る所があるでしょう。何かにつかまっていないと立っていられないくらいの、非常に強い風が吹く恐れがあります。伊豆諸島では猛烈な風が吹くでしょう。また、台風本体の雨雲や本州南岸に停滞する前線の影響で、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。台風の速度が速いため、激しい雨が長く続くことはありませんが、短い時間に一気に激しい雨が降って、道路があっという間に冠水したり、川の水位が急上昇したりする恐れがあります。「大雨と暴風の警戒期間」の図を参考に、暴風や大雨に警戒してください。

なお、台風22号は、あす30日(月)未明までに日本の東で温帯低気圧に変わる見込みです。ただ、油断できません。温帯低気圧は急速に発達し、冬型の気圧配置が強まります。あすは全国的に北よりの風が強く、東北や北海道は暴風が吹き荒れるでしょう。交通機関に影響が出る恐れがあります。

予想される風や波、雨

【暴風】

◆29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)

伊豆諸島 30メートル(45メートル)

四国地方、近畿地方、東海地方、関東地方 25メートル(35メートル)

九州南部 23メートル(35メートル)

九州北部地方、北海道地方 20メートル(30メートル)

◆30日に予想される最大風速(最大瞬間風速)

北海道地方 25メートル(35メートル)

東海地方、関東地方、伊豆諸島  23メートル(35メートル)

【高波】

◆29日に予想される波の高さ

伊豆諸島 8メートル

九州南部、四国地方、近畿地方、東海地方、関東地方 7メートル

沖縄地方、奄美地方 6メートル

◆30日に予想される波の高さは、

東海地方、関東地方、伊豆諸島 7メートル

北海道地方 6メートル

【大雨】

◆30日12時までの24時間に予想される雨量(多いところ)

東海地方 180ミリ

北陸地方、関東甲信地方 150ミリ

近畿地方 120ミリ

東北地方 100ミリ

(2017年10月29日 12時42分)

【関連記事】


中川 裕美子
気象予報士 防災士
2007年1月より日本気象協会勤務。
ラジオやストリーミングでの天気解説、新聞やテレビの天気原稿作成などを担当。
「天気でわかる四季のくらし」(新日本出版社)を共同執筆。
一児の母となり、公私ともに奮闘中。