BLOG

【台風5号】関東に接近、7日夜に雨足強まる予想

2017年08月07日 17時49分 JST | 更新 2017年08月07日 17時49分 JST

weather

台風5号は列島を縦断する予想。まだ動きが遅く、影響が長引くでしょう。近畿や東海は今夜の帰宅時も大荒れの恐れ。関東や北陸も次第に雨が強まるでしょう。

◆大荒れ続く

台風本体の活発な雨雲が四国や中国地方、近畿、東海にかかっています。午後3時までの48時間雨量が高知県の仁淀川町の鳥形山や津野町船戸で400ミリを超えました。また、台風の外側の雨雲が関東の一部にもかかってきました。

台風5号は、午後3時半に和歌山県北部に上陸しました。今後、近畿付近を進み、明日(8日)は東日本に進む予想となっています。上空の風が弱く、この先も自転車並みの速度と動きが遅いため、大荒れの期間が長引くでしょう。

四国は今夜9時頃まで、中国地方は明日(8日)の明け方まで、近畿や東海は明日(8日)の朝にかけて大荒れの天気が続くでしょう。

今夜の帰宅時間帯も暴風が吹き荒れ、猛烈な雨の降る恐れがあります。猛烈な雨とは水しぶきであたり一面が白っぽくなり、傘は全く役に立たなくなるような降り方です。

すでに大雨となっている所にさらに雨量が増えそうです。

大雨による土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。自治体から出される避難勧告などの情報にも注意して下さい。

交通機関への影響も長引く恐れがあり、注意が必要です。

◆関東や北陸も今夜から

関東や北陸も今夜は雨が降りだし、遅い時間になればなるほど、雨が強まるでしょう。

早めの帰宅を心がけた方が良さそうです。関東南部は明日(8日)の午前中くらいまで、関東北部は日中も雨や雷雨が続くでしょう。

関東北部を中心に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。

北陸は明後日(9日)の朝にかけて雨が続く所が多く、雨量が多くなるでしょう。風も強まり、荒れた天気となりそうです。

交通機関への影響にご注意下さい。沿岸部では高波や高潮にも注意が必要です。

(2017年8月7日 16時37分)

関連リンク

------

2017-08-07-1502094178-3663431-middle1.jpg

吉田 友海

[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました。

現在は、一児の母となり、天気予報と子育てに奮闘する毎日。ラジオの気象コーナーを担当したり、テレビ局の天気原稿や地方紙のコラムも執筆しています。

土砂降りの雨の中、小さな子供を連れて歩くのは大変!暑ければ熱中症が心配だし、寒ければインフルエンザが心配。以前より天気に敏感になりました。お母さん予報士として、生活に密着した情報を伝えていきたいと思います。

------