BLOG

7月29日は日差し+ムシムシ=不快な暑さ

2015年07月28日 20時29分 JST

29日水曜は広く晴れマーク。強い日差しが照りつける所が多いでしょう。湿気が多く、ムシムシして、肌にまとわりつくような不快な暑さとなりそう。お出かけは、風通しの良い服装で。

waether

湿度が高く不快な暑さ 熱中症に警戒


28日は大気の状態が不安定で、あちらこちらに雨雲が発生しました。非常に激しく降った所もあり、埼玉県秩父市の秩父や岩手県久慈市の久慈、青森県黒石市で、1時間雨量が7月としては最も多くなりました。

29日は、雨は北海道~関東甲信の山沿いが中心となる見込み。晴れ間の広がる所が多く、強い日差しが照りつけるでしょう。さらに、太平洋高気圧から暖かく湿った空気が流れ込み、ムシムシ感が続きそう。東京都心のピンポイント天気(下の図)を見ると、日中も湿度が60%くらいまでしか下がりません。日差しにムシムシ感が加わって、肌にまとわりつくような不快な暑さになりそうです。

湿度が高いと、汗が蒸発せず、熱がこもったままの状態になります。その結果、熱中症にかかりやすくなるのです。速乾性のある素材や風通しの良い服装を心がけましょう。

tenki

東京都心のピンポイント天気

暑さはしばらく続く 中国地方でも


この暑さはしばらく続きそう。東北・関東甲信・東海には、27日に気象庁から「異常天候早期警戒情報」が発表されました。(詳しくは望月予報士の記事「関東や東北 8月のスタートはまた猛暑」をご覧ください)

28日には、中国地方にも「高温に関する気象情報」が発表されています。鳥取の10日間予報(下の図)によると、31日金曜から来月4日火曜にかけて、最高気温が35度の猛暑日が続く予想。下のリンク「熱中症情報」なども参考にして、対策を心がけましょう。また、暑さが厳しいと海や川の冷たい水が恋しくなりますが、水の事故にも十分気をつけてください。

(2015年7月28日 21時11分)

【関連リンク】

石上 沙織

気象予報士

「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」

NHK岐阜放送局のキャスター時代、

取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。

天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。

以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、

「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。

その後、NHK名古屋放送局キャスターや

中部支社での解説・予報業務を経て

2015年春より日直予報士の一員に。

読んでくださった皆さんに、

少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!