Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

黒岩揺光 Headshot

トランプ氏をバカにする前に日本人が知らなければいけないこと

投稿日: 更新:
印刷

トランプ大統領が1月11日の記者会見でCNNの記者からの質問を拒否したことで「メディア軽視」と批判されているが、私は、CNNの記者が会見場に入れたということに驚いた。

日本ではそもそも、記者クラブに加盟していないと会見に入ることさえ難しい。私が所属していた毎日新聞は加盟していたから、基本、会見には入れたが、これも、会見を主催する側の気分に大きく左右される。

2006-7年、私は奈良県の警察や検察を担当していたが、検察による独自捜査について、朝日、毎日、読売が同時にスクープした時、3社とも1ヶ月以上、「捜査妨害」を理由に会見出入り禁止になった。スクープの内容は事実だったが、そんなの関係なかった。

この捜査で、容疑者が逮捕された時の会見では、入室する記者の社員証がチェックされ、私たちは会見が終わるのを外で待たなければならなかった。終了後、会見場から出てくる他社の記者の方に「すいません」と頭を下げ、会見要旨をコピーさせてもらった。

奈良県警も同じだ。毎日新聞がある事件について「県警は立件を断念した」と独自に記事化した翌日、県警捜査一課の次席に他社の記者と囲み取材をしようとしたところ、「お前のところにはもう話したやろ」と名指しで取材拒否された。私がその場を去った後、他社の記者の質問を受け付けたという。結局、この事件について県警が立件することはなかった。

こんな感じで、少なくとも10年前の日本では、官公庁がそれぞれの基準で取材に応じるか応じないかを決めることができていた。報道の内容が真実かどうかは関係なくだ。

だから、トランプ氏がCNNの記者からの質問を受けなかったことに驚くなら、まず、日本の公権力のメディアへの姿勢について驚いてほしい。少なくとも、このCNNの記者は会見場に入れたわけで、事実を報じても会見場に入れない日本の多くの記者よりも恵まれている。

トランプ氏のメディアに対する閉鎖性を書く前に、日本の大手メディアは日本のメディアへの閉鎖性についてもっと書いてほしい。ひょっとしたら、日本には「トランプ氏以下」の側面が他にもあるかもしれないのだから。