NEWS

【北朝鮮】金正恩第1書記夫人の李雪主氏にスキャンダルか?所属した楽団が解散、公開処刑も

2013年09月24日 17時17分 JST | 更新 2013年09月24日 19時03分 JST
AFP時事

正恩氏夫人に醜聞か 所属した楽団が解散、公開処刑も

北朝鮮で8月、金正恩(キムジョンウン)第1書記の夫人、李雪主(リソルチュ)氏の不祥事が持ち上がり、事実を隠蔽(いんぺい)するために関係者の公開処刑が行われた。李氏がかつて在籍した銀河水(ウナス)管弦楽団は解散したという。日韓両政府も事実関係を確認した模様だ。

最近脱北した北朝鮮高官が明らかにした。不祥事の発端は、銀河水管弦楽団と旺載山(ワンジェサン)芸術団の団員9人が、自らが出演するポルノを制作した事件。警察にあたる人民保安部が9人の会話を盗聴し、「李雪主も昔は、自分たちと同じように遊んでいた」という会話を傍受したという。

正恩氏は李氏に関係する醜聞が外部に漏れることを懸念。8月17日に9人を逮捕した後、裁判にかけずに3日後の20日、平壌市の外れにある姜健軍官学校の練兵場で、軍や党の高位幹部や楽団関係者が立ち会うなか、9人を銃殺した。

(2013/9/20 19:16)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

関連記事

【北朝鮮】金正恩氏関連の写真集