ニュース

田母神俊雄氏を石原慎太郎氏が都知事選応援へ 橋下氏は「相いれない」

2014年01月07日 01時07分 JST | 更新 2014年01月07日 01時10分 JST
時事通信社

田母神氏を石原慎太郎氏が応援する――。

元東京都知事の石原慎太郎氏(日本維新の会・共同代表)が、2月9日に投開票が行われる東京都知事選挙に立候補を予定している元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)を支援することが明らかになった。石原氏は、1月7日に行われる田母神氏の出馬記者会見にも同席するという。MSN産経ニュースが報じている。

関係者によると、田母神氏は5日夜、都内で石原氏と面会し、出馬の意向を伝えた。維新は都知事選対応を「白紙」(党幹部)としているため、石原氏は「あくまで政治家として個人的な立場で応援する」と応じたという。



(MSN産経ニュース「【都知事選】維新石原氏、田母神氏を支援へ」より 2014/01/07 07:40)

日本維新の会は東京都議会では2議席しか持たないこともあり、今回の都知事選では独自の候補を立てられていない。6日に石原氏と橋下徹共同代表が電話で協議した結果、自主投票ということも決まっている。

橋下氏によると、橋下氏自身は田母神氏の考えとは「相いれない」と述べており、党としては田母神氏の支援はないようだ。

橋下氏自身は田母神氏が日本による侵略戦争を否定していることを「相いれないところだ」としたうえで、「維新は基本的には政治活動は自由。政党としてどうのこうのというのはない」と強調。石原氏らの行動を容認するが、党としては支援しない考えを表明した。



(朝日新聞デジタル『石原慎太郎氏、「個人的に」田母神氏支援へ 都知事選』より 2014/01/07 11:56)

なお、日本維新の会の平沼赳夫国会議員団代表や、中山成彬衆議院議員も、田母神氏を支持するとしている。

都知事選には、維新を離党した東国原英夫氏も出馬する可能性もあると報じられている。維新の会の自主投票や石原氏らの動きを受けて、東国原氏はどのように動くのかも注目される。

関連記事

2014年の都知事選に名前が上がる人々
2013年の出来事 社会ニュース 画像集