ニュース

葛西紀明は8位 ジャンプ男子ノーマルヒル決勝

2014年02月09日 16時30分 JST | 更新 2014年02月09日 19時37分 JST
Julian Finney via Getty Images
SOCHI, RUSSIA - FEBRUARY 09: Noriaki Kasai of Japan jumps during the Men's Normal Hill Individual trial on day 2 of the Sochi 2014 Winter Olympics at the RusSki Gorki Ski Jumping Center on February 9, 2014 in Sochi, Russia. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

ソチオリンピックは2月9日(現地時間)、ジャンプ男子ノーマルヒル決勝があり、予選免除の葛西紀明は8位に入賞した。清水礼留飛は18位、渡瀬雄太は21位、竹内択は24位だった。ストッホ(ポーランド)が金メダルに輝いた。

【1回目】

葛西紀明は101.5mをマークし131.2ポイントで8位。竹内択は98.0mを飛び、123.1ポイントで21位。渡瀬雄太は99.5mを飛び、123.0ポイントで22位。22番目の清水礼留飛は99.5mを飛び、122.2ポイントで24位。1位はストッホ(ポーランド)で105.5mを飛び142.0ポイントをマークした。日本勢は4人全員が2回目にコマを進めた。

【2回目】

葛西は100.0mと、逆転を狙うには飛距離があと一歩伸びず、124.0ポイント。1回目との合計が255.2ポイント。清水は99.5mを飛び計246.4ポイント。渡瀬雄太は97mで計243ポイント。竹内は95.5mで計239.4ポイント。最後に飛んだストッホ(ポーランド)が103.5mを飛んで逃げ切った。

関連記事

ソチオリンピック・ジャンプ男子個人ノーマルヒル決勝