NEWS

田中将大、連勝34でストップ 大リーグで初黒星

2014年05月22日 01時12分 JST
時事通信社

アメリカ・大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(25)が5月20日、シカゴであった交流戦のカブス戦でメジャー初黒星を喫し、日本プロ野球の楽天時代から続けていたレギュラーシーズンでの日米連勝記録が34でストップした。田中が敗戦投手になるのは、2012年8月19日の西武戦以来。

田中は6回8安打4失点で大リーグで初めての敗戦投手となり、開幕からの連勝は6でストップした。毎日新聞などが報じた。

米大リーグ、ヤンキースの田中将大(25)は20日、当地で行われた交流戦のカブス戦に先発。6回8安打4失点で大リーグで初めての負け投手となり、開幕からの連勝は6でストップした。

田中は降雨の影響もあって精彩を欠き、三回に先制点を許すと、四回に1点、六回にも2点を失ってマウンドを降りた。チームは1−6で敗れた。

(毎日新聞「大リーグ:田中将、初の負け投手 開幕連勝6でストップ」2014/05/21 12:32)

田中は試合終了後、Twitterに「またここからが新たなスタートです」などと書き込んだ。

【関連記事】

関連記事

田中将大投手 4月9日オリオールズ戦 画像集