NEWS

「脱法ドラッグ」40万人使用か 平均年齢は33.8歳、厚労省研究班が推計

2014年07月02日 20時12分 JST | 更新 2014年07月02日 20時14分 JST
ooyoo via Getty Images

幻覚や興奮など麻薬と似た作用がある「脱法ドラッグ」を使ったことがある人が全国で約40万人に上ると、厚生労働省研究班が初の全国調査で推計した。使ったことがあると答えた人の平均年齢は33・8歳で、ほかの違法薬物と比べて最も若かった。脱法ドラッグの乱用が若者に広がっている状況がうかがえる。

調査は、昨年10月に全国の15~64歳の男女5千人を無作為に選び、59%から有効回答を得た。

脱法ドラッグを使ったことがあると答えた人は全体の0・4%(250人に1人に相当)で、全国で約39万9800人に上ると推計した。シンナー(1・9%)、大麻(1・1%)、覚醒剤(0・5%)に次いだ。これらの違法薬物を使ったことがあると答えたのは、2・5%(40人に1人に相当)を占めた。

脱法ドラッグを使ったことがある人の平均年齢は33・8歳。シンナー(43・8歳)、大麻(40・7歳)、覚醒剤(40・1歳)などに比べて最も若かった。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


関連記事

バスソルトの被害 画像集