NEWS

ワールドカップ、ベスト4出そろう オランダがPKでコスタリカを下す

2014年07月07日 01時04分 JST
Robert Cianflone via Getty Images
SALVADOR, BRAZIL - JULY 05: Goalkeeper Tim Krul of the Netherlands celebrates with teammates after making a save in a penalty shootout to defeat Costa Rica during the 2014 FIFA World Cup Brazil Quarter Final match between the Netherlands and Costa Rica at Arena Fonte Nova on July 5, 2014 in Salvador, Brazil. (Photo by Robert Cianflone/Getty Images)

サッカーワールドカップ・ブラジル大会第21日目の7月5日(日本時間6日)、準々決勝でオランダとコスタリカが対戦した。両チームとも無得点のまま延長でも決着がつかず、PK戦でオランダがコスタリカを4−3で破り、準優勝した前回大会に続く4強入りを決めた。

また、同日行われた、準々決勝のアルゼンチン対ベルギー戦では、アルゼンチンが前半8分に決めた先制点を守りきり、1−0でベルギーを下した。アルゼンチンが準決勝に進出するのは、1990年以来、6大会ぶりとなる。

これでベスト4がすべて出そろい、準決勝は、8日(日本時間9日)にブラジルとドイツが戦い、9日(日本時間10日)にオランダとアルゼンチンが対戦する。

今後のワールドカップの試合放送日程はこちら

W杯準々決勝 オランダ対コスタリカ 2014/07/06

【関連記事】