NEWS

ガザは、停戦合意の直前まで過酷な戦場だった(画像)

2014年08月27日 19時30分 JST
Getty

イスラエルとハマスの停戦に向けた取り組みを行ってきたエジプト政府は8月26日(現地時間)、両者が本格停戦で合意したと発表した

以下の驚くべき連続写真は、合意の直前である8月24日に、ガザ地区で撮影されたものだ。イスラエルの戦闘機が、同地区内の標的を爆撃した瞬間を捉えている。

「テレグラフ」紙の記事によると、イスラエル国防軍(IDF)の戦闘機が8月24日に行った攻撃で、パレスチナ人家族5名(うち、2名は子供)が殺害されたという。

8月25日には、ハマス側がイスラエル南部に約40発のミサイルを打ち込んだが、IDFによれば犠牲者は出ていない模様だ。

国連によれば、7月8日以来、パレスチナ側の死者は2097名以上にのぼり、そのうち7割が民間人だという。イスラエル側の死者は68名で、そのうち4名が民間人だ。

左上の空中に、ミサイルが見える。ROBERTO SCHMIDT via Getty Images

家が爆発した瞬間。

頭を手で覆いながら爆発地点から逃げ出すパレスチナ人男性たち。

[Paul Vale(English) 日本語版:佐藤卓/ガリレオ]

ガザ

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています