NEWS

Twitter、アメリカ国内で「購入」ボタンの試験運用開始

2014年09月09日 00時17分 JST | 更新 2014年09月09日 00時32分 JST
Bloomberg via Getty Images
The Twitter Inc. application and logo are displayed on a laptop computer and Apple Inc. iPhone 5s in this arranged photograph in Washington, D.C., U.S., on Friday, April 25, 2014. Twitter Inc. is expected to release earnings figures on April 29. Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg via Getty Images

[8日 ロイター] - 米短文投稿サイト、ツイッターは8日から、ツイートから直接買い物ができる「購入」ボタンの試験運用を始めた。

同社がブログで明らかにした。米国内の少数利用者の画面に「買い」ボタンが現れるという。

同社は「アンドロイドやiOS向けのツイッターアプリ上で、ほかでは得られない値引きや商品に、利用者らがアクセスができるようになる」と説明している。

米フェイスブックも、同社のサイトで紹介されている商品などをその場で購入できる「購入」ボタンを試験運用している。

ツイッターによると、スマートフォンで数回タップするだけで購入作業をすべて完了することも可能。「購入」ボタンを押すと、発送先と支払情報を入力する画面になる。

同社は今回のテストのため、ソーシャルコマースサイトのファンシやミュージックトゥデーと提携した。

関連記事

IT企業の創業者画像集