ニュース

刑務所の中から見えたもの〜受刑者による作品展「2分の1平方メートルの自由」【画像】

2014年10月21日 00時01分 JST

刑務所は「創造」の場所でもある――。

2分の1平方メートルの自由」と題された受刑者による約150のアート作品が、10月17日から12月12日まで、パリの「ドロシー・ギャラリー」で展示されている。

フェンスの向こうの顔や、庭へ続く扉、外へ向かう視線、「最後の晩餐」をモチーフにした死刑囚の最後の食事など、受刑者が見る風景は、一つとして同じものではない。幸福感が漂う作品もあれば、絶望しか見えないものもある。

展覧会を主導するドイツの非営利団体「ART & PRISON」が主催したコンテストには、この2年間でアルゼンチン、オーストラリア、韓国、アメリカ、パキスタン、スウェーデンなど世界40カ国の1000人の受刑者から応募があったという。以下のスライドショーで今回の展覧会に出品される30の作品を紹介しよう。

「2分の1平方メートルの自由」画像集

[フランス語]

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています