jukeisha

刑務官と受刑者の特別な関係は、「独立した情報源と手段による調査で確認された」という。当局は、懸賞金をかけて2人の行方を追っている。
居室や作業場には消毒液もなく、作業時の受刑者同士の距離を確保する措置も不十分だという。
政府によると、持病がある受刑者や高齢者、未成年などを優先して釈放するが、1万人以上いるとされる反政府勢力タリバーンの捕虜については扱いが異なる。
給食は受刑者24人が交代で調理していたという
屋根裏から食料品や本人が記したとみられるメモなどが見つかったという
アメリカ・オハイオ州の刑務所で、受刑者が自作したパソコンで隠れてポルノ画像などを見ていました。
刑務所の囚人数が多すぎて、社会が負担する費用が膨れ上がっていることが問題になっているアメリカ。独自の取り組みを始めた刑務所もあり、成果をあげている。