Huffpost Japan

エボラ出血熱「大事なのは疑うこと」WHOが訴える、デマに惑わされないための15カ条

投稿日: 更新:
EBOLA
NEW YORK, NY - OCTOBER 25: A young man, dressed in a biohazard costume, stands on the corner of 546 West 147th Street on October 25, 2014 in New York City. After returning to New York City from Guinea, where he was working with Doctors Without Borders treating Ebola patients, Dr. Craig Spencer was quarantined after showing symptoms consistent with the virus. Spencer was taken to Bellevue hospital to undergo testing where he was officially diagnosed with the Ebola virus on October 23. (Photo by B | Bryan Thomas via Getty Images
印刷

10月27日、エボラ出血熱の疑いがある男性が入国し、一気に緊張感が増した日本。検査の結果、陰性だったため、エボラ出血熱の上陸とはならなかったが、ニューヨークにまで到達しており、油断はできない。

感染を広げないために、何ができるのか。感染してしまったら、どうするのか。周りに感染者がいたら、どうすればよいのか。世界保健機構(WHO)はエボラ出血熱のポイントを15にまとめ、啓蒙ポスターを作っている。残念ながら、日本語のものはない。そこで、日本語版を作成した。PDFも用意している

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
【関連記事】