NEWS

数学の問題を解いてくれるアプリは本当に役立つのか?

2014年10月31日 17時38分 JST | 更新 2014年10月31日 18時54分 JST
Vimeo

電卓では計算できないような、ちょっと複雑な数式の答えが知りたいって? そんな人のためのアプリが登場した。

PhotoMath」は、簡単な一次方程式や計算問題を引き受けてくれるアプリだ。スマートフォンのカメラ画面で問題を指定するだけで、答えを出してくれる。

この無料アプリのすごいところは、答えを教えてくれることだけではない。「PhotoMath」はさらに、各問題の解き方を、段階を踏んで丁寧に説明してくれるのだ。この機能は、学生や子どもを持つ親、教育関係者に役立つのではないかと一部で反響を呼んでいる。

しかし、ラクをしたい学生が飛びついてしまうのではないか、と指摘するインターネットユーザーもいる。

「数学を勉強する高校生にとっては夢のようなアプリだが、それほどいいアイデアではないかも」と、「CounterNotions.com」のブロガー、Kontra氏はツイートしている。

「方程式の解き方は、学習によって身につくものだ。手を抜くようになっては困る」と、同氏のコメントは続いている。

文末のスライドショーでは、これまでアップルが批判を受けて取り下げたアプリや、検閲を加えて許可したアプリなどを紹介している。

批判を受けてアップルが取り下げたアプリ

この記事は最初にハフポストUS版に掲載されたものです。

[日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています