Huffpost Japan

「バンド・エイド30」エボラ出血熱の支援で復活 10年ぶりの結成にゲルドフが懸念することとは?

投稿日: 更新:
BAND AID
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 10: Sir Bob Geldof and Midge Ure attend a press Briefing to launch BandAid30 on November 10, 2014 in London, England. (Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images) | Stuart C. Wilson via Getty Images
印刷

アイルランド出身のロック歌手で慈善活動家のボブ・ゲルドフ(63)は11月10日、エボラ出血熱の被害に苦しむアフリカの人々を支援するため、「バンド・エイド30」という新しいスーパーユニットを結成し、チャリティー・シングルを作成すると発表した。これまでのバンド・エイドと同様、ロックやポップス界の有名メンバーらが参加して収録を行う。イギリス・BBCなどが報じた。

ゲルドフはこの日、ロンドンで記者会見を開いて詳細を発表。既に、U2のボノやコールドプレイのクリス・マーティン、ワン・ダイレクションなどの参加が決まっているという。ドイツやフランス、アメリカで収録を行う計画もあり、ダフト・パンクやジョニー・アリディなどの参加も考えているとゲルドフは語った。

バンド・エイドは、30年前の1984年、イギリスとアイルランドの有名アーティストらによって臨時結成された、1曲限りのチャリティー・プロジェクトだ。干ばつや内乱などの影響で飢饉(ききん)に見舞われていたエチオピアを支援するため、ジョージ・マイケルやデュラン・デュラン、ボーイ・ジョージ、バナナラマ、スティングなどが集結した。このとき収録された『Do They Know It's Christmas?』は、イギリス国内だけでも370万枚を売り上げる大ヒットを記録。800万ポンド(約14億5500万円)を集めた。

その後、1989年に「バンド・エイドⅡ」が、2004年には「バンド・エイド20」が実施され、その都度『Do They Know It's Christmas?』がリメイクされた。4度目の「バンド・エイド30」でも同曲をレコーディングするが、歌詞はエボラ出血熱の救済のためのものに一部変更する。

しかし、10年ぶりとなるバンド・エイドの復活に、ゲルドフが1つ懸念している事がある。人々がお金を払わず、YouTubeなどで曲を無料で視聴するという可能性だ。ゲルドフ氏は、「30年前にも話したように、曲が嫌いだとか、参加しているアーティストが嫌いだとかは関係ない。ただ、あなたがすべきことは、この曲を買うということだ。(無料で)ダウンロードしないでくれ。ただYouTubeで見るだけというのはやめてくれ」と述べた。

Close
バンド・エイド 1984 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

バンド・エイド30シングルにアデル、U2、コールドプレイ、1D、エド ...

ワン・ダイレクション、バンド・エイド30に参加? | One Direction | BARKS ...