bando-eido

Black Lives Matter運動を受け、2020年に新商品発売の声明を発表。これまで販売されていたバンドエイドは、白人の肌に合わせた色味が基準になっているとされ、多様な色を求める声が上がっていた。
ボブ・ゲルドフがエボラ出血熱の被害に苦しむアフリカの人々を支援するため、「バンド・エイド30」を結成し、チャリティー・シングルを作成すると発表した。