「集団的自衛権の撤回」を公約にする民主党に「そのものに反対しているわけではない」との指摘も【衆院選】

投稿日: 更新:
DPJ
衆議院選挙のポスターを発表する民主党の海江田万里代表(左)と福山哲郎政調会長=2014年11月21日午後、東京・永田町の同党本部 | 時事通信社
印刷

12月14日に投開票が予定されている衆院選で、民主党が「集団的自衛権の撤回」をマニフェスト に盛り込むことがわかった。しかし、ネットからは「民主党は集団的自衛権そのものに反対しているわけではない」との指摘も出ている。

民主党の中には集団的自衛権の容認を認める議員も存在しており、集団的自衛権に反対しているわけではない。撤回を求めるのは、容認に至った安倍内閣の手順が問題だというのだ。

民主党の公約内容については毎日新聞などが次のように報じた。

24日に正式発表する。集団的自衛権をめぐっては党内で意見が割れていたが、憲法解釈の変更による行使容認の閣議決定が立憲主義に反するとして閣議決定撤回を明記した。
 
衆院選:集団的自衛権の撤回求める 民主公約 - 毎日新聞より 2014/11/24 08:00)

この報道に対してネットからは、民主党は集団的自衛権そのものではなく、「決定のプロセス」にだけ反対しているとの指摘が出た。

そもそも民主党には、集団的自衛権の容認に賛成する議員と、容認に反対する議員が存在する。菅直人・元首相らは容認に反対しているが、容認派の前原誠司元外相らは「集団的自衛権は全て駄目だと(党は)決めていない」と主張していた。

長島昭久衆議院議員も、集団的自衛権を容認する安倍首相の決断に「超党派で支持すべき」としており、細野豪志・元幹事長もアメリカ艦船の防護やアメリカを狙ったミサイルの迎撃は容認すべきだとの考えを表明していた。

【関連記事】
Close
2013 参院選 各党のネット戦略
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

集団的自衛権 - 民主党

第1回 集団的自衛権について(高村正彦 副総裁) | 安全 ... - 自由民主党

衆院選:集団的自衛権の撤回求める 民主公約 - 毎日新聞 - 毎日jp

民主、集団的自衛権を追及 代表質問:朝日新聞デジタル

民主 枝野幹事長 原子力政策や集自権も争点

安倍首相、解散決断で「民主党をぶっ潰す」

集団的自衛権:閣議決定撤回求める 来県の民主・海江田代表 /栃木