NEWS

エボラ感染の疑いで検査、シエラレオネから帰国の男性

2014年12月30日 02時47分 JST
ASSOCIATED PRESS
FILE - In this Sept. 30, 2014, file photo, Nine-year-old Nowa Paye is taken to an ambulance after showing signs of the Ebola infection in the village of Freeman Reserve, about 30 miles north of Monrovia, Liberia. (AP Photo/Jerome Delay, File)

[東京 29日 ロイター] - 厚生労働省は29日、シエラレオネから帰国した30代の日本人男性が、エボラ出血熱に感染している疑いがあると発表した。男性は同国でエボラ出血熱患者の遺体が入った袋に触れたという。検査結果は同日夜から30日未明にかけて判明する見込み。

厚生労働省によると、男性は今月21日まで8日間シエラレオネに滞在し、23日に成田空港に到着した。現地ではエボラ患者との直接的な接触はなかったものの、埋葬に立ち会った際、患者の遺体が入った袋に触れた。防護服などは身に着けていなかった。渡航目的や男性の職業は明かされていないが、医療従事者ではないという。

29日未明になって38度を超える発熱があり、男性自ら保健所に連絡した。男性はすでに都内の医療機関に入院済みで、検体は国立感染症研究所に搬送される。検査結果は30日未明にかけて判明するもよう。エボラ出血熱の感染疑いは今回で4例目。

(梅川崇)