NEWS

福島第一原発のなかで闘う人々 2011年のすがた

2015年03月05日 16時36分 JST | 更新 2015年03月05日 16時36分 JST

東日本大震災から、まもなく4年を迎えようとしている。福島第一原発は廃炉が決まったものの、いまだ使用済み核燃料の処理作業が続いており、めどは立っていない。

事故直後の2011年11月の、福島第一原発の内部をカメラが捉えている。

  • 出動拠点となるJヴィレッジで防護服に身を包んだ作業員たち
    ASSOCIATED PRESS
  • 破損した4号機
    ASSOCIATED PRESS
  • 破壊された4号機
    ASSOCIATED PRESS
  • Jヴィレッジで作業員の線量チェックをしているところ
    ASSOCIATED PRESS
  • バスの中から眺めた福島第一原発の風景
    ASSOCIATED PRESS
  • 防護服に着替えようとする作業員
    ASSOCIATED PRESS
  • Jヴィレッジで器具の手入れをする作業員たち
    ASSOCIATED PRESS
  • ASSOCIATED PRESS
  • Jヴィレッジから福島第一原発に向かう(2011年11月12日)
    ASSOCIATED PRESS
  • 作業へと向かうため集合する作業員たち
    ASSOCIATED PRESS
  • 作業前にも線量を計測する
    ASSOCIATED PRESS
  • 当時環境大臣だった細野豪志氏が視察
    ASSOCIATED PRESS
  • 細野氏の挨拶に臨む作業員たち
    ASSOCIATED PRESS
  • 福島第一原発に築かれたバリゲード
    ASSOCIATED PRESS
  • 緊急用の赤電話が見える
    ASSOCIATED PRESS
  • Jヴィレッジに戻った作業員たちはまっすぐ線量計測へと向かう
    ASSOCIATED PRESS
  • 避難区域内の街の様子
    ASSOCIATED PRESS
  • 福島第一内部
    ASSOCIATED PRESS
  • 中に入る時には、靴も含めてビニールで包む
    ASSOCIATED PRESS

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています