NEWS

AKIRAの世界、ついに実現? 「金田のバイク」を彷彿とさせるzecOOが販売開始

2015年03月25日 19時42分 JST | 更新 2015年03月25日 20時09分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
Former Toyota designer Kota Nezu displays the new electric motorcycle 'Zecoo' in Tokyo on March 25, 2015. The motorcycle can drive 160km after a charge of four hours and has a maximum speed of 160kph. Japanese auto maker Autostaff Suehiro started to sell 50 limited units in Japan, Asia and the Middle East market with a price tag of 8.8 million yen (73,600 USD). AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

日本製の電動オートバイ、zecOO(ゼクー)の発売が、3月25日にスタートした。大友克洋の漫画「AKIRA」に出てくる通称「金田のバイク」を彷彿とさせる斬新なデザイン。発表会の招待客からは「AKIRAの世界が遂に実現!?カッコいい」との声も上がった

デザインを担当したのはトヨタ自動車出身の元カーデザイナー、根津孝太さん。オートスタッフ末広が49台を限定生産する。全て手作りで作られ、価格は税別888万円。4時間の充電で160km走行可能。最高速度は時速160kmだ。

25日に都内で開かれたzecOOのプレス発表会の模様を紹介しよう。

  • YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
    デザインを担当した「zecOO」に乗る根津孝太さん
  • YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
    デザインを担当した「zecOO」に乗る根津孝太さん
  • YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
    デザインを担当した「zecOO」に乗る根津孝太さん
  • YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
    デザインを担当した「zecOO」に乗る根津孝太さん
  • YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
    デザインを担当した「zecOO」に乗る根津孝太さん
  • YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
    「zecOO」のプレス発表会

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

zecOO画像集